担当者名:特定非営利活動法人SEAN(シーン)
ユーザ登録して広告アイコンにクリックをよろしくお願いします!

遠矢 家永子 
副理事長・事務局長
高槻市市民公益活動サポートセンター管理運営委員会委員長
(社福)大阪ボランティア協会評議員
2017年07月04日
「本当に強いのは弱さを知っている弱い人なのかもしれない」
SEANでは、出前授業デートDV予防「みんな活き活きプログラム」を小学校で提供しています。
先だって、出前授業に取り組んだ小学校から授業実施後に児童が書いてくれた感想が返ってきました。

小4女子の感想です。

「強いと弱いのちがいが、最初は強いはやっつける、負けないなどで、弱いは泣き虫、自分の気持ちが言えない。だと思っていましたが、教えてもらって「本当に強いのは弱さを知っている弱い人なのかもしれない」と思いました。
自分の気持ちにフタをしていたら友達にバクハツさせるので、自分にウソをつかないように生きたいです。」

子どもというだけで、どうせわからないだろうと、情報さえもらえずに、大人がもつ答えを押し付けられている子どもたちの現状に度々出合います。

どんなに小さな子どもでも、投げかければ一生懸命に考え、自分なりの答えを持つことができます。
目を輝かせ、一生懸命に考える子どもたちとの授業は、私たち自身をもエンパワーします。
こんなふうに子どもたちと考えられる時間を、これからも大事にしたいと思います。
2017-07-04 12:14 | 記事へ | 人権教育出前授業 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/nposean/1/trackback/195/