担当者名:特定非営利活動法人SEAN(シーン)
ユーザ登録して広告アイコンにクリックをよろしくお願いします!

遠矢 家永子 
副理事長・事務局長
高槻市市民公益活動サポートセンター管理運営委員会委員長
(社福)大阪ボランティア協会評議員
ジェンダー平等の推進を市民協働で・・・
明日は、2009年度の高槻市市民協働のまちづくり事業の報告会。

持ち時間は10分程度のプレゼンテーション。

今日はその資料とパワポの作成で、1日中パソコンに向かっていた。

今回の事業では、小学校教員・幼稚園教員・保育士に
アンケート調査も実施している。

(回収89枚)
Q.今までに男女共同参画について学んだり、研修を受けたことがありますか?
 はい46% いいえ52% 無記入2%

Q.2005年に高槻市男女共同参画条例が、制定されたことを知っていますか?
 はい57% いいえ40% 無記入3%

Q.男女共同参画推進条例には、第11条「推進における市民等の協働」
 第14条に「教育の推進」が謳われていますが、そのことを知っていますか?
 はい24% いいえ72% 無記入4%

ん〜やっぱ、こんなもんか、、、
あんなに、バックラッシュの抵抗を受けながら、難産で生まれた条例でも
結局のところ周知さえされていない。

第3次男女共同参画基本計画策定に当たっての
公聴会でも思ったことだが、専門性ややる気のある担当課の職員の
リーダシップがなければ、予算の裏づけのない法律には実効性がない。

子どもたちの未来を考えれば、ことの重大性を体感している者の1人として
粘り強く取り組むしかないということだろうか。。。
2010-05-08 01:16 | 記事へ | 市民協働 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/nposean/1/trackback/54/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。