担当者名:特定非営利活動法人SEAN(シーン)
ユーザ登録して広告アイコンにクリックをよろしくお願いします!

遠矢 家永子 
副理事長・事務局長
高槻市市民公益活動サポートセンター管理運営委員会委員長
(社福)大阪ボランティア協会評議員
AV強要事件の公判を傍聴して
2015年に、SEANにポルノ被害相談部門を立ち上げました。
その中で、下記新聞記事にある事件に遭遇しました。

http://www.sankei.com/west/news/170529/wst1705290051-n1.html

立て続けに3つの相談があったことから、この事件の悪質性を目の当たりにし、最初に相談が入った東京の支援団体であるライトハウスやPAPSと相談し、大阪府警に情報提供を行ったことから、刑事事件として動きだし金澤被告は逮捕されました。
逮捕され報道によって私たちが初めて知った事実は、被告人は同様の事件で前科2犯であったということでした。

9月14日に第1回の公判があり、時間をつくって2時間にも及ぶ裁判を傍聴してきました。

なによりも驚いたのは、金澤被告の弁護をしていたのは、当初から彼の顧問弁護士だった男で、民事でのやりとりで被告が行っていたAV強要の実態を知っておきながら擁護していた弁護士その人であったことでした。
被告は、被害者に対し「こちらには弁護士もついている」と脅していた事実もあり、その弁護人が被告に対し、反省を促している様に嫌悪感でいっぱいになりました。

被告や弁護人が最後に言った言葉も耳を疑うものでした。

「お金を払って喜んでいる子ども、助かっている子どももいた」という金澤被告の言葉。
「性欲の発露として行った行為であることは否めないが、ネット上でたくさんこういった画像がある中で、特に悪質だといは言えない」といった弁護人の言葉。

心のこもらない金澤被告の「反省している」という言葉を、すべて打ち消したこの2人の言葉を本当に許せない気持ちで聞きました。

契約書は200人以上、存在していたようです。
すでに販売されてしまっているDVDに怯えて生きていかなければならない被害者もいること、消えない記憶と感覚によるトラウマ、自責の念、、、

全て削除したと言っていたはずの販売サイトの残骸が、検索すればネットには残っており、この事件を取り上げたネット上のサイトには心無い二次被害が繰り返されています。

求刑は3年の実刑と30万円の罰金。
判決は10月13日にくだされます。

多くの被害は、表には出てきません。
被害者が、その被害を口にすることは過酷すぎますし、
守秘義務を伴う支援者も話すわけにはいきません。
今回事件化できたのは、勇気を振り絞ってくれた被害者がいたからです。

今支援団体が模索していることは、隠ぺいしてしまっているこういった被害を社会化することです。
そして、救済や予防するための社会資源を増やすことです。

SEANでも2015年から始まった相談部門を支えていくために、2017年度から寄付金の募集を始めました。
主に相談員の交通費や人材育成のための資金で、相談そのものはすべてボランティアで対応しています。
振込先を記載しておきますので、ご協力いただける方は、
「ポルノ被害相談寄付」と明記のうえご支援をよろしくお願いいたします。

郵便振込口座番号 00960-4-115488
名称 「NPO法人シーン」
2017-09-22 10:28 | 記事へ | 勝手にSEAねっと通信 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/nposean/1/trackback/198/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。