担当者名:特定非営利活動法人SEAN(シーン)
ユーザ登録して広告アイコンにクリックをよろしくお願いします!

遠矢 家永子 
副理事長・事務局長
高槻市市民公益活動サポートセンター管理運営委員会委員長
(社福)大阪ボランティア協会評議員
16日「ネットde樂習」in 生きがい工房
ネットde樂習

1月16日(金)18:00〜20:00

いろんな情報があふれているネット情報。
ひとりではなかなか観ないような情報をいっしょに観ながらワイワイガヤガヤおしゃべりするのがネットde樂習。
軽食とアルコールで小腹を満たしながら、ホンネでバンバンお話しましょう!

今回の視聴予定は
「青い目 茶色い目」〜教室は目の色でわけられた〜
(制作/WGBG(アメリカ) 構成/ウィリアム・ピーターズ45分)
1968年4月、アメリカ北西部のアイオワ州・ライスピルの小学校で人種差別についての実験授業が行われた。
小学3年生の担任であるジェーン・エリオット先生「茶色い目の人は、スカーフを着けて」小学三年生のクラスが突然、目の色で2つに分けられた。人種差別とは何か。生徒が身を持って体験した実験授業。NHK特集で放送され、大反響を呼んだドキュメンタリー

会場 : 生きがい工房(阪急高槻市駅徒歩3分)
定員 : 15名          
参加費 : 軽食付き 正会員500円 / 非会員1,000円

<お申込み・お問合せ>
 NPO法人SEAN 072-669-7411
 station@npo-sean.org
2015-01-15 18:11 | 記事へ | 講座・ワークショップ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/nposean/1/trackback/169/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。