担当者名:特定非営利活動法人SEAN(シーン)
ユーザ登録して広告アイコンにクリックをよろしくお願いします!

遠矢 家永子 
副理事長・事務局長
高槻市市民公益活動サポートセンター管理運営委員会委員長
(社福)大阪ボランティア協会評議員
第30回日本女性会議男女共同参画2013あなん第3分科会
2013年10月11日〜13日
第30回日本女性会議 男女共同参画2013あなん

今回初めて<男女共同参画>という言葉が入りました。
その言葉を導入した思い通り、男性たちがたくさん参画しておられました。

私は子どもの分科会でコーディネーターを務めさせていただきました。
第30回となる大きな大会のコーディネーターとしてお声かけいただき、私を起用するために、一生懸命みなさんを説得してくださったCAPとくしまの阿部さんには本当に感謝し、その期待に添わないとと奮闘しました。

まずは50分の基調講演。
子育ての中のジェンダー問題についてお話し、これからの時代はすべての大人たちが手を携えてつながる必要性があることをお話しました。

残りの時間はパネルディスカッション。
午後からの分科会でしたが、午前中からずっとパネリストの皆さんと話し込み、いろんな意味で意気投合しました。
男女、20代・30代・50代・70代といった老いも若きも、子育て前・中・後、といったバラエティのある
今回の阿部さんの人選がとても意味深い。
「何年か先にこのメンバーで集まりたいね」と、終了後に阿部さんと話をしました。
「イクメン」代表の服部さんはさわやかで素直な4児のパパ、「イクジイ」代表の本淨さんは一本筋の通ったステキな方で打合せでは政治の話にまで及びました。
本番でその話ができる時間がなかったのが本当に残念でした。ちなみに、本浄さんはこの日ドラえもん柄のネクタイを締めておられました。

パネリストのお一人である私の娘くらいの年齢の堀江さんとは、同じホテルで、朝食と露天ぶろまでご一緒しました。
学生のインターンシップとして保育サポートを実施しているスリール株式会社の代表取締役です。
これから社会でどんどん活躍するだろう彼女の思いや行動力には、圧倒されるばかりでした。
次の時代を築く、若い彼女たちに頼もしさを感じました。
このまま男性社会につぶされることなく、羽ばたいていってほしいと心から願います。

運営委員のみなさんの思いで、今回は会場参加者のみなさんにも参加いただけるものをということで、付箋紙に「これから自分ができること」を書いて貼ってもらいました。
予想以上にたくさんの思いを書いていただけて、関係者一同喜んだ次第です。
「マタニティハラスメント」や子育てにかかわる組織形態や仲間作りなど、会場からの質問でも話は盛り上がりました。

子育てを母親だけに押し付ける時代は終わりにしたい。
次世代に責任を持つ大人たちが増えていく、少しでもきっかけになれたとしたらうれしいです。

来年は札幌、再来年は倉敷。
どちらのまちからも関係者がたくさん来られてました。
札幌市のブースもあり、意気込みを感じました。

閉会時に壇上に上がられたみなさんの表情からは、やりきった安堵感がうかがえました。
小さなまちだからやれなかったこともあったかもしれませんが、小さいまちだからこそやれたことがたくさんあった記念すべき30回の日本女性会議だったと思います。
皆さんを引っ張って頑張られた渡辺実行委員長をはじめとするスタッフのみなさん、過労で2日目にダウンしてしまわれた阿南市長本当におつかれさまでした!

第1分科会 男女で向き合う「老後の楽園」のコーディネータの春日キスヨ さん、第9分科会 DV のない地域づくり〜男たちの挑戦〜の市場恵子 さんと市場尚文さん宿泊ホテルがご一緒になり大先輩方ともお話ができ、幸せいっぱいでした。

徳島を満喫する最終日のエクスカーションにも参加しました。
以前に大変お世話になった阪南の中西さんたちとご一緒になり、大自然の中で楽しいひと時を過ごすことができました。

当日は町の秋祭りが開催されていて、お得感満載。
女性たちが担ぐチョーサ(太鼓屋台)もあったのでそれもうれしかった。
この後チョーサを担いだまま海に入っていく珍しいお祭りです。

台風が来る前で、好天に恵まれ、南阿波海岸の透き通った海と壮大な景観とウミガメに癒されました。
阿波踊り体験や他地域の人たちの新たな出会いも生まれ、充実した3日間を過ごさせていただきました。

全国的に知名度があるわけでもない私を起用してくださった阿南のみなさん。
たくさんのおもてなしもいただき本当にありがとうございました。

このご縁を今後も大事にしていきたいと切に願っております。
2013-10-21 19:13 | 記事へ | 講座・ワークショップ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/nposean/1/trackback/149/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。