担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
2019年04月09日
日本語学校支援 その2
ティンミャンマーランゲージセンターのシンボルマーク
 
 2002年5月に昨年末に中尾作蔵氏企画の旅に参加して、ミャンマーは大自然の残る農業国であり、敬虔な仏教国です。純真な心を持ったミャンマーの人々とその風土は、現在の日本人に失われつつある「仏の心」「道徳心」を呼び戻してくれます。みなさんはミャンマーが大好きになり、継続した支援をしていくことを決める。「神戸ミャンマー皆好会」を設立しました。

 ティンミャンマーランゲージセンターのシンボルマークは、校長のティンエイエイコ女史と権藤眞禎常任理事の合作によりできました。写真は会報創刊号から転写
副理事長 林 英 雄
 
 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは3月分732回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。

2019-04-09 08:28 | 記事へ | 日本語学校支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/805/