担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
2017年08月01日
農業支援事業「梅農園」その6
梅植樹から半年で期待以上の生育でした。(写真は会報創刊号から転載)

 第1回ミャンマーツアーから帰国し、2002年2月には和歌山南部に於いて、梅栽培の研修会が持たれた。和歌山県立南部高校を訪ね、谷口充先生からミャンマーで植樹した二青梅を選定する苦労話を聞き、実習農場を見学。梅博物館にて梅の歴史を勉強しました。

 2002年3月27日〜4月2日の予定で第2回ミャンマーツアーが開催されました。会員のみなさんは植栽した梅が大変気になり、一度見ておきたい思いが強く実施されました。

 2002年5月18日には神戸ミャンマー皆好会設立総会が開かれ、初代会長に中尾作蔵氏(共進舎牧農園会長)が就任されました。事業として農業技術指導を決定しました。

 2002年6月25日〜29日まで事務局長の井上卓也氏がミャンマーを訪問。梅の生育状況の確認をする。植樹時40〜50僂良通擇生育の良いものは210僂棒長。約半年で期待以上の生育でした。写真は事務局長井上氏の背丈ほどに生育した梅の木。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは7月分824回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2017-08-01 17:59 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/713/