担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
2015年12月08日
ミャンマー7月豪雨災害の募金受付け
豪雨災害の拡大

 ミャンマー国内での7月豪雨は、その後も被害がエヤワディ地域にまで拡大し死者1000人以上、被災者135万人以上の甚大な被害が出ているため、被災地域全域で復興支援が必要となっている状況です。

 遅きに失しましたが、当会で7月豪雨災害の募金受付けを11月よりお願いしています。みなさまの温かいご支援をよろしくお願いします。

 当会ではミャンマー現地事務所テイン・エイエイコ所長を通じて、チン州カレー町付近の復興支援を行います。義援金はすべて被災者の方々のために使われます。

【ご寄付のお手続き】●ゆうちょ銀行・振り込み要領
〕絞愎饗惴座 振り替え用紙使用
 お願い お振込手数料は、ご寄付者のご負担でお願い します。 
 通信欄に「洪水寄付」とご記入ください。

口座間振替振込 ATM扱い預金通帳かカードで口座間振替は無料です。
会員以外の方のお振込はご住所が確認できるようお知らせください。

口座番号 00910−6−123580
口座名称 特定非営利活動法人神戸ミャンマ 皆好会
ご寄付金 1口 1,000円からでお願します。
副理事長 林 英雄

お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは11月分663回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2015-12-08 12:03 | 記事へ | サイクロン被害支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/629/
2015年09月22日
ミャンマーの大洪水に関して
水没する家々

 7月の半ば以降の豪雨の影響により、川や運河が氾濫して非常に大きな洪水被害が出ています。チン州やヤカイン州がひどい地域です。

 チン州の カレー町KALAY , CHIN state にある第15中学校は屋根まで水に浸かりました。勉強机なども壊れてしまって支援が必要です。

 また、エーヤーワディ地方HINTHADA も食料がない状態です。
ヤンゴン所長 ティンエイエイコ女史からの報告です。

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは8月分530回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2015-09-22 18:27 | 記事へ | サイクロン被害支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/617/
2010年01月01日
新年明けましておめでとうございます。
新年明けましておめでとうございます。

一昨年にミャンマーを襲ったサイクロンで大きな被害をもたらしました。
そして被災者支援として多額の義援金を当会にお寄せいただきました。
その義援金で、昨年2月にヤンゴン管区アレイワ村小学校。同12月にヤンゴン市内のシェダゥンタイテッ僧院小学校が落成しました。
皆さまのお力添えで、2つの学校を寄贈することができました。
子どもたちがよい環境で、勉強に励むことができるようになりましたことを喜びとしています。
この場をお借りして御礼を申し上げます。
ありがとうございました。

当会は、福祉支援として看護師育英資金、環境保全事業としてマングローブ植林、農業支援としてピンウールィン梅農園で梅の栽培、日本語学校支援としてティンミャンマーランゲージセンター支援、親善交流旅行などの活動を行なっています。

今年も皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます。
2010年 元旦
理事長 中尾作蔵

お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代って広告主から皆好会に4円寄付されます。そして看護師育英資金として活用されます。 

なお、広告クリックは11月分301回、10月分194回ありました。
ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です。
写真をクリックで拡大します。
2010-01-01 11:34 | 記事へ | サイクロン被害支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/89/
2009年11月15日
アレイワ村小学校の悲しい思い出
写真をクリックで拡大します

アレイワ村小学校の悲しい思い出

アレイワ村小学校はヤンゴン管区クンチャンゴン市のイラワジデルタ地帯にある1,500人の村にある小学校です。

2008年2月に大阪中部ライオンズクラブのマングローブ植林事業でアレイワ村を訪問しました。
まず、小学校を訪問しました。この学校は高床式の建物で机も腰掛けもない教室に、生徒約100人が集まっていました。
生徒たちに、マングローブに大切さの話をして、学校の補修工事と机や腰掛を贈る約束をして、Tシャツをプレゼントしました。
お話の後、校庭で写真撮ることなりました。
生徒たちはTシャツを胸に抱き私たちと記念写真を撮りました。

同年5月に、この地方をサイクロンが襲いました。学校は流されてしまいました。
私たちは生徒たちも全員被害に遭ったのではないかと心を痛めていました。
その後、大勢の人は被害に遭わなかったとの状況報告がありましたが、生徒10人ぐらい被害に遭われたそうです。

当皆好会はサイクロン被災者支援募金を取り組み、その募金で2009年2月22日に学校再建ができました、
当会・大阪中部ライオンズクラブ・大阪女子大学松の実会の皆さんと寄贈・開校式に参加し、再会と開校を喜び合いました。

しかし、この写真を見ると、亡くなられた生徒たちを思い、悲しい思い出になりました。
常任理事 北山秀俊

お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代って広告主から皆好会に4円寄付されます。そして看護師育英資金として活用されます。 

なお、10月分の広告クリックは194回とありました。
ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です。
2009-11-15 20:09 | 記事へ | サイクロン被害支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/46/
2009年09月23日
アレイワ村小学校再建までの道のり
写真をクリックで拡大

(写真)開校式を終え、生徒、先生、私たちも含めて全員で記念写真。

アレイワ村小学校再建までの道のり
大阪中部ライオンズクラブ 永井 泰

私達が45周年記念事業として、「ミヤンマー国に於ける地球温暖化対策でのマングローブ植林と地元小学校の教室改修」に取り組んだ経緯と、会員9名(家族2名含む)が昨年の2月に彼の地を訪問した次第に付いては、貴会報誌第6号(20年5月)に当時の松村会長が寄稿させていただいたとおりです。此処にあらためて「未知の国への支援活動という」私達には未経験の記念事業への門戸を開き、その実現へ導いていただいた貴会並びに関係の皆様方に心よりお礼申し上げます。

現地訪問後、ミヤンマー友愛委員会を立ち上げ
 帰国後、クラブ報告を済ませた後、一行の中から「此れっきりと云うのは如何にも残念だな、毎年、資金の拠出は出来なくても精神的にミヤンマーの人々を今後も支援し続けていきたい」と声が上がった。かくして例会で承認を得て正式に当クラブに「ミヤンマー友愛委員会」が発足した。そして活動計画を進めている時に、嬉しいニュースが伝わってきた。我がクラブの属する地区(203クラブ加盟)の総会で「年間最優秀アクティビティー」として、このミヤンマー支援活動の表彰が決まったのだ。そして4月27日、大阪国際会議場の栄えある表彰者席に松村委員長の姿があった。クラブの名誉に我々は祝杯を挙げた。しかし、その時この喜びを瓦解させる運命が5日後に迫っていたとは誰一人として予知できなかった。

有史以来の被害に救援金と学校再建支援決定
5月2日、彼の地にサイクロン来襲、被害甚大のニュースには言葉がなかった。しかもその続報はいっそう胸を痛めるものばかりであった。「死者、行方不明者13万人さらに拡大」、「南部イワラジ川デルタ地帯崩壊」、「政府、外国からの援助断る」、「被災地で感染症発生の恐れ」と。アレイワ村で我々を歓迎してくれた村民よ、あの高床式の家々よ、そしてあの澄んだ瞳の子供達よ、一緒に植えたマングローブの苗は何処に、と思いを馳せるのも忍びない情報が続いた。委員会は直ちに救援金の拠出とあわせ、当初は改修としていた援助を校舎再建に切り替えて基金の増額を決めて、例会に提案、全員の賛成を得て新たな資金の捻出に取り組んだ。単独クラブとしては限界があるので、属するアメリカ国際協会本部との折衝がヤマ場となったが結果的に熱意が伝わり確保が出来た。その間、現地事務所のエイコさんからの貴会経由のメールでアレイワ村の状況、学校再建工事の進み具合等、逐一戴いた情報で会員一同の支援意識も益々高まってきた。

喜びの新校舎落成式に出席
そしてとうとう再建工事の完成の知らせをいただいた。あの僻地ぶりを知るだけに予想よりも早かったが、それだけ皆の熱意が結集したものと思われる。本(2009)年2月22日、貴会訪問団の一人として、あの小学校の前に再び立つ事が出来た。目の前には本格的なコンクリートの新校舎が南国の太陽を浴びて堂々と建っている。此れまでの道程を振り返って感無量のものがあった。そして何よりも、大勢の村人、そして子供達の誇らしげに輝く笑顔があった。みんな洗い立ての真っ白いシャツの正装だ。村にとって今日は特別の日なのだ。
同行した4人のクラブ同士も[WE SERVE](クラブ理念)を新たに誓った日になった。 

お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代って広告主から皆好会に4円寄付されます。そして看護師育英資金として利用されます。
2009-09-23 13:20 | 記事へ | サイクロン被害支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/12/
2009年09月15日
サイクロン被災者支援募金でアレイワ村小学校を建設・寄贈できました。
写真をクリックで拡大します。

(写真)新しくなったアレイワ村小学校のテープカットの準備をするエイコさんと生徒たち

サイクロン募金ありがとうございました。その2

サイクロン被災者支援募金を寄せていただいた、団体・個人の皆さまに感謝の気持ちを込めて芳名録を掲載させていただきます。

団体大口・グループ・個人募金計194件 6,131,033円と6,320$

ミャンマーサイクロン被害者救援募金芳名録

掲載に当たって敬称を略させていただきました。

【会員関係】
中尾 作蔵  福本 一夫 藤原 洋子  藤原 尚己  小林 省己
権藤 眞禎  井原 博幸 林 英雄  東田 正巳  村田 和繁
権藤美佐子 井原 絹子 濱田加津子 田村 彰敏  田原 耕二
北山 秀俊  天野 正敏 天野まゆら 藤本 昌男  田原フミ子
井上 卓也  山田 鈴穂 平澤 一男  西田宰奈恵 梶山 哲三
河東めぐみ 才木 稔子 田中 健造  岸本 一代  西尾 武
松村 光三  上田 泰江 加藤 隆一  天川 晃一  三好 方博
小原 英明  清水 澄子 伊藤 勝晧  鈴江 淑美  寺島 都
谷口 誠司  中尾 嘉延 中村 五郎  中野 典子  細川満里子
森本 司朗  横山 晴貴 東田 正喜  谷口 充  榎本 昌浩
米田伊都子 三木 宣義 北 宗治  天野 智子  竹内 義治
喜田 萌子                   以上56名

【各種団体】
神戸ミャンマー皆好会   大阪中部ライオンズクラブ 
大阪女子大学松の実会  財)毎日新聞大阪社会事業団
 TKC近畿兵庫会  神戸友の会  神戸税経新人会
室戸鉄業  神戸市乙木児童館  岩屋中7期会
神戸市浄土宗願成寺  神戸市兵庫区佛教青年会
神戸市あじさい会  神戸大学街頭募金  神戸女子大学
山田産業 初穂会 社)神戸市旧友会
若松料理メンバー 板宿南部市場福広商店 神戸動植物環境専門学校
 神戸市退職者会総会 専門学校アートカレッジ神戸
鳥取ビルマ遺児の会  南日本酪農協同蠡膾綮拇
 西尾武卓球グループ Sパティオ水泳グループ
社)神戸青年仏教徒会 日本ヘアーデザイナー協会鳥取支部  
鳥取県大山第一中学校1967年卒業生有志
鳥取市邑法第一中学校1969年・1974年卒業生有志
鳥取市湖山町南1 山下せつこ 他(所属ジム会員とその友人達)
鳥取市理容組合青年部
神戸クロスカルチュラルセンター募金箱
以上35団体

【個人関係】
松村 敏子  伊藤 ひで  井林 良幸  林 哲司   八重垣 稔
長野多喜子  旗谷 昌彦  井林美香子  入口 光子  松尾 宏治
濱田 賢時  野島 安子  藤田 健三  小国城太郎  松尾 寿子
岡田 岸明  権藤 辰子  門藤 節子  中野 弘子  岩本 康浩
小西 美男  井上 和余  瀬口 郁子  柴田 晃喜  竹内 悦子
根本 朋子  井上 加奈  大島 洋子  松浦 敏明  井上 浩志
川口みどり  金谷 滋子  杉本 丈治  片山 道子  孝岡 健一
宮滝 安子  森田 文野  権藤さん友人 岩本 休右  尾上 誠一
谷口 登美子 犬養 洋子  中津 健一  大泉 治喜  三浦 康子
永藤 昌子 加藤 隆 田中 貞之  元川 清 河東さんのお孫さん達
矢田 絢子  北山 直樹  龍首 郁子  国則 登代  橋本 順子
清水稚佳子  北山ゆかり  余部 衛  米津 昌美  田中 良穂
菅田 啓子  田中 良尚  坂根 大蔵  田原 国幹  芳賀 順子
北山 久子  永井 房子  竹内 隆  木村 友美  益本アユ子
都倉 裕太  加藤 直子  宮里 慶  岩本 泰一  岩本美樹
弦牧 典子  工藤二三恵  宮里 寿子  山田 末治  河東かおり
石田 澄子  海江田司郎  三浦 良子  前川 英子  田井すみこ
三谷ナダ子  野村 雅文  末沢 賢  清水 美寛  中村 弘
河東森二郎  森本 吉彦  永野 由美子 岡  成晄  淡川 礼三
永井 房子 高岡得太郎  瀬口 正晴 藤本  要  森田 寿一
山本 一潔  竹内 登   前田 勝幸 前田満喜恵 田辺紀子 
南田みどり  徳竹礼圭           以上107名
(2009年8月末現在)

お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代って広告主から皆好会に4円寄付されます。そして看護師育英資金として利用されます。
2009-09-15 15:55 | 記事へ | サイクロン被害支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/9/
2009年09月14日
サイクロン被災者支援とアレイワ村小学校再建
         写真をクリックで拡大できます。

サイクロン被災者支援とアレイワ村小学校再建
 ティン エイ エイコ(皆好会ヤンゴン事務所所長)

 未曾有のサイクロン来襲で、13万人の死者・行方不明者をだした被災から2ヶ月経ってから、初めてエーヤワディ管区サイクロン被災地に入った。
今回、物資を運んでいるし、メンバーも多いので、ヤンゴンからダラまで船で渡るルートをやめ、ドラックで行くことにしました。人を乗せるより、ものを乗せる感じのトラックでした。町から町へと移動するとき、検問場があり、外国人が乗っていないか警察のものが調べる。また、どんなものを乗せているか調べられる。今回は幸いにも団長がベテランの活動家で書類を用意したので、時間を取ることなくスムーズに行けた。

 それにしても、ヤンゴンからのコンチャンゴンまでの新しい道は大変ひどい道だった。道路に面した家も政府により再建も進められ町並みはもとに戻りつつある。8割は国連や海外からの援助と見られる、ビニールシートで屋根を作り、生活しているようだ。ある場所では政府のモデルハウスがあり、被災者達が住んでいるのも見かけた。水位が上がった証拠に木の枝の高いところにごみやわらなどが掛かっていた。こんなところまで水が上がったかと思うとその当時の状況がどんなに怖いものが分かるような気がする。不思議なことに壊れた家、空き地になっている所を見かけるが、非難場らしいものはどこにもなかった。聞くと、親戚や近所で同居しているという。孤児数人居ると聞くが、やはり、誰が面倒見てくれているかはっきりしない。孤児達の問題も複雑でどこかへ連れて行くこともできない、お寺で世話するにも体制が出来ていない、どこか身寄りのあるところで成長することになるかもしれない。
 今は皆がやって欲しいものは実際必要なものに違いない。私は、そう思うと皆が喜ぶようにしてあげようと決心がついた。まず、子供全員とお寺にご馳走をして、亡くなった人達が成仏できるようお供養をしてもらった。村の人口は1150人、死者42人だそうだ。生徒は200人ほどで、ノートや鉛筆を配ると喜んでくれた。飴玉も大量に村の店から買って配ってあげたら、ある子供は手を掴んで、一緒についていくというのだ。子供だけでなくあるとき、犬が寄ってきて手を鼻でなでるのだ。犬も子供も、村人も大喜びの感じでした。犬の嬉しそうな唸り声も耳から離れなかった。「あーよかった!」この村に送る支援物資の計画も帰ってから早速始めないといけないのだ。
 政府からはゆっくりではあるが、小学校建設支援、農業支援、食糧配給制度などはじめられている。再建計画の前に生活安定に必要な食料支援、生活保護などはまだまだ継続して支援していく必要があると感じた。

 その他にピャポンに私の教え子二人が15万円分の物資を運んで村の支援と調査に出かけた。彼らの撮った写真と報告でピャポン市内のモービー村での路上生活者の問題も深刻だった。皆、通りやすい所や、入りやすい村には支援物資をどんどん送り、町並みだけはきれいになっていても、援助がほとんど入っていない村もある。村が消えた場所もある。このように私自身ミャンマーサイクロン支援活動を通して色んなことを学んだ。その経験を元に以下の内容を主にやって行きたいと考えた。

1.支援対象となる人々の暮らしと環境に必要不可欠なものを手渡すこと

2.環境改善(水や衛生)、建設支援(住むところのない人々に家の再建に必要な木材など、小学校建設に必要な木材など)をできる範囲で寄付すること

3.孤児達の救済や子供達の教育環境改善(寺子屋建設・学校建設など)

 避難場生活も許されない。路上生活も許されない。これからその人々はどこに行けばいいのか?という問題がある。私は彼らに自分が住みなれたところで早く落ち着いてもらいたいと願ってやまない。見えない辛さは「ありのままでいいのに隠したがる」国の酷い現状があることはたいへん悲しいことだと感じた。

 このように、ヤンゴン市内、又はエラワディーデルタ地帯に人道支援を続けている中、日本の神戸ミャンマー皆好会と大阪中央ライオンズクラブからもマングローブ植林に訪れた縁のあるシェアレーヨアー村の近況が知りたいという連絡が入った。
 活動メンバー達と村と連絡を取り、初めて村に行ってみた。すると、サイクロンの直撃で村の小学校が跡形もなく消えていた。
 子供達の笑顔と村人達の素朴さにひかれて、なんとか学校再建をしたい気持ちになった。日本の関係者にも報告し、再建計画を報告した。
 その村は、最大都市ヤンゴンから南へ約60キロデルタ地帯にあり、ヤンゴンから車で3時間、船で南へ3時間、バイクで30分という道のりだ。政府の建設許可まで4ヶ月を要した。
 その地域というのは車でたどり着くのではなく、船で行くので、干潮時、満潮時によって、村に入る難易度が異なる。まして、荷物を積んでいるとなお更だ。干潮時に私は船から村人の家に登るのに木に登った思いで、必死になったことがあった。又。泥道に歩く難しさも学んだ。手を洗うのに水がない、足など洗える状況もないところもあった。建設業者も船が沈没してセメントが水に浸かったこともあった。塩水しかないところでの建設作業は予想より難関が多かったようだ。業者にもボランティアー精神で最後まで協力してもらって大変助かった。

 そのような困難を乗り越え、2008年11月から2009年2月まで4ヶ月かけて30×80フィト、4教室の平屋コンクリートの校舎を完成させることができた。井戸や貯水施設も備え、校舎の裏の面積いっぱいにはマングローブの木を植えた。
 村人の水の確保、教育に必要不可欠である図書室、災害が来ないように防災対策と非難所としての活用もできるようになった。

 この再建や人道的支援全ては、神戸ミャンマー皆好会をはじめ、大阪中部ライオンズクラブ、毎日新聞大阪社会事業団、大阪女子大学松の実会、神戸女子大学の瀬口・駿河教授研究室、神戸大学のTRUSS、神戸市あじさい会、神戸市退職者会、兵庫区青年仏教会、TKC近畿兵庫会理事会、神戸税経新人会の諸団体や、子供さんを含めた多くの方々からの善意の寄付によってなりたったもので、ミャンマー人を代表して厚く御礼を申し上げたい。本当に有難うございました。

 今後は孤児達のために活動をしていきたいと考えています。
      (神戸大学大学院修 文学博士)

お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代って広告主から皆好会に4円寄付されます。そして看護師育英資金として利用されます。
2009-09-14 14:44 | 記事へ | サイクロン被害支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/6/
2009年09月04日
サイクロン被害支援募金ありがとう。 その1
写真をクリック拡大できます。

サイクロン義援募金ありがとうございました
団体大口・グループ・個人募金計194件 6,131,033円と6,320$
子どもさん・お孫さんたちからもあたたかい募金


義援募金活動開始
2008年5月ミャンマーに未曾有のサイクロン来襲で、14万人の死者・行方不明者を出しました。
サイクロン来襲の10日後、中国・四川大地震が発生して、死者・行方不明者9万人と多くの被災者を出しました。
 各地でほぼ同時に、ミャンマーサイクロン・中国四川大地震被災者支援募金が取り組まれました。
早いもので、これらの自然災害被災から1年以上が経ちました。

会員募金から広がり
募金活動は会員から始めました、会員から家族や友人へと広がりました。
郵貯銀行で募金払込取扱票を作成しました。払込取扱票の募金は56件あり、子どもさん名義の募金もありました。
会員を通じて事務所へ募金が寄せられました。会員を通じた募金は親御さん・ご主人・奥さん・子どもさん・お孫さん・友人知人から広がり、同窓会などから募金が寄せられました。

各種団体・個人の方々からの募金
神戸大学や神戸女子大学学生による街頭募金や、各種団体・個人の方々から多くの義援募金が寄せられました。次ページに感謝の気持ちを込めて、団体名と各個人のご芳名を掲載させていただきました。

大阪中部ライオンズクラブ
 大阪中部ライオンズクラブ(LC)から300万円の義援金を寄贈いただきました。
 LCと当会は、昨年(2008年)2月にヤンゴン管区クンチャンゴン市アレイワ村を、マングローブ植林(2年計画)・アレイワ村小学校補修の契約(総経費200万円)と一部マングローブ植林のために訪問しました。
 訪問したアレイワ村もサイクロン被害を受け、小学校も流失してしまいました。
LCから、この小学校再建のため大口の義援金を寄贈していただきました。
 
毎日新聞(財)大阪社会事業団
 昨年5月、大阪社会事業団から当会へ、兵庫県公館で開催された「ミャンマーサイクロン・四川大地震被災者支援チャリティコンサート」へのお誘いが縁となりました。
 6月にティンエイエイコ氏(当会ミャンマー事務所長、神戸大学大学院修・文学博士)が来日され、当会が須磨でエイコ氏の歓迎激励会を開催しました。この席に大阪社会事業団山本事務局長のご出席を頂きました。その結果、大阪社会事業団に寄せられた義援募金から義援金寄贈先NPOとして、当会が100万円の寄贈を受けました。

大阪女子大学松の実会
 神戸女子大学の瀬口・駿河両教授の紹介で、松の実会國則様とお会いしました。松の実会は大阪女子大の恩師松本博先生を偲んで設立された会です。
 偲ぶ会に40万円が寄せられ、その有効な用途先を模索されていました。
 松本先生の意思を受け継がれて「ひろし文庫」を、サイクロン流失したアレイワ村小学校に図書室「ひろし文庫」を設置することを目的に寄贈を受けました。
(常任理事 北山秀俊)

ミャンマーサイクロン被害者救援募金芳名録は
サイクロン被害支援募金ありがとうございました。その2 で掲載します。


お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代って広告主から皆好会に4円寄付されます。そして看護師育英資金として利用されます。
2009-09-04 17:20 | 記事へ | サイクロン被害支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/4/
2008年06月25日
ミャンマーサイクロン支援募金
ミャンマーサイクロン被災者救援義援募金のお願い

特定非営利活動法人神戸ミャンマー皆好会
                    
5月3日ミャンマーはサイクロン「ナルギス」により未曾有の被害を受けました。皆好会は11日に理事長をはじめ8名がミャンマーを訪問して、皆好会ヤンゴン事務所ティンエイエイコ所長に義援金を手渡しました。帰国後、神戸・毎日・読売各社の取材を受けて、その状況を報道していただきました。
みなさまの被災者救援義援募金のお願いいたします。
1.募金実施方法
郵便振替口座 
口座名称 特別非営利法人活動法人 神戸ミャンマー皆好会 
カナ氏名 トクヒ) コウベ ミャンマーカイコウカイ
口座番号 00910−6−123580
    振込手数料 貯金通帳かカードで口座間振替は平成20年9月30日までは無料
    口座間振替は振込取扱票が不要です。貯金通帳かカードを機械に入れて、
 口座番号 00910−6−123580を入力すれば貯金通帳から引き落とされます。
振込手数料 振込取扱票でATM利用80円 窓口利用120円
 
2.募金現金は為替送金が困難なため、訪問者がドル現金で現地事務所に手渡します。
また、6月11日に来神する現地事務所長エイコ博士に手渡します。
3.支援活動の取り組みについて
当会での支援活動は次の方法で取り組みます。
皆好会ヤンゴン現地事務所を支援窓口とします。ミャンマーNPOのFREDA事務局長ウオン氏との連絡調整を行ないます。
   これまでに会員がなんらかの支援活動をしてきたことの継続的支援します。
  (例)1.ハンセン氏病隔離村の学校補修支援。
     2.山下基金で支援しているモービー町の中央森林業発展教育訓練学校の施設補修支援。
     3.マングローブ植林を村人と共同で行ったボガレ市メインマラー自然保護区オッポ村の
      小学校補修支援。
     4.大阪中部ライオンズクラブの委託を受けて実施したマングローブ植林地、クンジャンゴン町シュレイワ村の3小学校補修支援。
以   上
2008-06-25 14:17 | 記事へ | サイクロン被害支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/1/