担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
日本語学校支援 その13
日本語を聞く・話す・読み書の機会をつくり友好交流を深めました

 2002年(平成14年)5月18日に神戸ミャンマー皆好会ができて以来、当会はミャンマーの人たちと親善交流旅行を年に2回から3回を行い、友好交流を図ってきました。

 ミャンマー訪問時には必ず日本語学校TMLCを訪れ、学生たちとの交流をしました。できるだけ日本語を聞き・話すことに慣れるのを目的に、お互いの自己紹介・日本語を習い将来何をしたいのか・当会の活動紹介・辞書などの贈呈時の挨拶の仕方などをしました。訪問者の買い物支援で大きな市場、ボ−ヂョ−アウンサン・マーケットに一緒に行ったり、日本語を書く練習のための文通などもして友好交流を深めました。(2005年3月当会員の自己紹介の写真)
顧問 林 英 雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは5月分635回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2019-06-25 15:40 | 記事へ | 日本語学校支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/817/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。