担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
日本語学校支援 その12
TMLCの評判が良く入学希望者が増えました

 2001年9月14日に開校の日本語学校ティンミャンマーランゲージセンター(略してTMLC)は、ティンエイエイコ校長の自宅マンションを使用して始まりました。

TMLCの特徴として
日本人教師が教える
⊂人数制でアットホームである
6戯爐充実している
ビルマ人教師と日本人教師による授業のバランスが良く組み合わされて、レベルの高い授業ができました。

 ティンエイエイコ校長の多くのアイディアの実践から、評判となり入学希望者が増え自宅マンションでは手狭になるようになりました。(2004年11月訪問時の授業を受ける写真です)
顧問 林 英 雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは5月分635回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。

2019-06-18 09:51 | 記事へ | 日本語学校支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/816/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。