担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
日本語学校支援 その7
日本語スピーチコンテストで1位、2位、3位を獲得
 
 2005年2月末から2006年1月半ばまでの11カ月間、日本語教師として大阪外国語大学日本語専攻ビルマ語科4年の本行沙織さんがTMLC「ティンミャンマーランゲージセンター」に赴任されました。

 本行先生はTMLCの特徴として
‘本人教師が教える
⊂人数制でアットホームである
6戯爐充実している
の3つを挙げられる。ビルマ人教師と日本人教師による授業のバランスが良く組み合わされて、レベルの高い授業ができたと思います。
 
 2005年7月に開催された、日本語スピーチコンテストでは、応募したレベル1(日本語能力検定試験1級対策レベル)の学生4名が4名とも予選を通過し、そのうち3名が1位、2位、3位を獲得しました。予選通過、受賞へ至る学生と教師の頑張り、努力を褒めたたえ喜ばしいことでした。(写真は日本語スピーチコンテスト表彰式 右はしが校長・左はしが本行さん)
副理事長 林 英 雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは4月分685回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2019-05-14 13:54 | 記事へ | 日本語学校支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/811/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。