担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
日本語学校支援 その6
「ティンミャンマーランゲージセンター」創立2周年を迎え

 2003年9月13日に創立2周年を迎えました。ティンエイエイコ校長より嬉しい報告が入りました。

 日本語専門学校として、ミャンマーの学生に日本語能力試験2級を合格させることを目的に、年間20名の人材を育てる計画を立てやってきました。2002年12月に日本国外務省の認可で行われた「日本語能力試験」に本学校からの学生が8割合格という成績を出しました。またその中の2名が日本の大学に留学することが決まりました。

 ビルマ語を話される日本人の先生が日本語教育に来ていただき、創業時には5名の先生が一生懸命に集中講義を行っていただきました。土曜日、日曜日も補習授業もしました。
たいへんお世話になりました。御礼申し上げます(写真の先生は川原桂さん)

 当会から初代理事長中尾作蔵氏、権藤眞禎常任理事が精力的に関わり、多くの会員の方々から学校が成り立つための機材や辞書の提供、資金面のご支援をいただき厚く御礼申し上げます。(写真は神戸ミャンマー皆好会会報2号より転載)
副理事長 林 英 雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは4月分685回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2019-05-07 13:02 | 記事へ | 日本語学校支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/810/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。