担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
ミャンマー友好交流ツアー その31
特異な外観で異彩を放つタウンボッデ−

 1939年に建立された特異な外観で異彩を放つタウンボッデ−。広い敷地内にたくさんの建物が並んでいます。針山のような外観が珍しい。建立当時の高僧が何処にもないパヤ−と寺院を造ろうと奔走されたと通訳から聞きました。

 2016年モンユワを訪れ仏教遺跡の規模の大きいのには驚きました。マンダレ−から西へ約160キロに商業都市モンユアはあります。古くからインドなどとの交易の中心地。財力のある人々が高僧の呼びかけで寄進された。現在も商業が盛んで活気のある人口20万都市です。
副理事長 林 英 雄
 
 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは12月分666回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2019-01-15 19:18 | 記事へ | ミャンマー友好交流ツアー | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/793/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。