担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
ミャンマー友好交流ツアー その29
ポーウィン山の歴史を僧侶から説明受ける小学生たち
 
 ひとつの大きな砂岩を長い年月をかけコの字に掘り抜いた岩面に洞窟が造られその中に立仏像が収められています。18世紀以降と比較的時代が新しいので、ヨーロッパ風の装飾彫刻が見られます。

 地元の小学生たちが僧侶に引率され、説明を受けながら見学していました。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは11月分643回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2018-12-25 11:59 | 記事へ | ミャンマー友好交流ツアー | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/790/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。