担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
ミャンマー友好交流ツアー その22
地震で倒壊したまま残るヤタナ−シンメ・パヤ−
 
 インワの歴史は古く、1364年シャン族の都として栄え、その後約400年間ビルマ族の王朝の都として栄えた。1838年に発生した大地震で甚大な被害を受け、他へ都が移されその後都はインワへ戻ることはなかった。

 現在のインワの市街はいくつかの小集落と化し、500年近くの間都があったとは思えないほどさびれている。のどかな田園地帯にあるヤタナ−シンメ・パヤーは地震で倒壊したまま残っている。石門越しに、草むらの中、石柱とともに仏像が建つ。その姿は美しい。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは10月分652回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2018-11-06 07:49 | 記事へ | ミャンマー友好交流ツアー | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/783/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。