担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
ミャンマー友好交流ツアー その16
最も細工が細かく、最も変わった形のダマヤンヂ―寺院
 
 ダマヤンヂ―寺院 重厚で美しいスタイルを見せる。てっぺんの丸い建物。12世紀、アラウンスィ−ドウ−王の次男ナラトゥは、自分が王位に就こうとして父王と兄王子を暗殺した。1167年ナラトゥは即位し第5代王となったが、罪の意識にさいなまれ、罪滅ぼしのためにそれまでで最大で、最も細工が細かく、最も変わった形の寺院を建て始めた。ところがナラトゥ王は1170年何者かに暗殺され工事は中断する。

 ナラトゥ王の評判は生前から悪く、あとの工事ををする人も現れず、寺院は荒れるままになっている。現在寺院は未完成のまま。異様な雰囲気で地元では呪われた寺院のようになっている。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは8月分780回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します
2018-09-25 15:40 | 記事へ | ミャンマー友好交流ツアー | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/777/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。