担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
ミャンマー友好交流ツアー その1
雨に濡れる夕暮れのシュエダゴォン・パヤー

 ミャンマー国民の85%は仏教徒(南方上座部仏教)で、何処へ行ってもパヤー(仏塔)がる。仏塔に張られている金箔もほとんどは寄進によるもので人々の信仰のあつさがしのばれる。

 ヤンゴン市外の北、シングッダヤの丘に金色に輝く大きな塔が見えてくる。ミャンマー国民憧れの地シュエダゴォン・パヤーは「聖なる」という言葉のもつ力に誘われて、国内外から大勢の善男善女が毎日引きも切らずのお参りに来る。ミャンマー最大の聖地に一生に一度はお参りしたいという仏塔です。

 私たちがミャンマーを旅行すると必ず仏塔には案内されます。色々な形の仏塔がありますので紹介していきましょう。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは5月分662回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2018-06-12 17:21 | 記事へ | ミャンマー友好交流ツアー | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/761/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。