担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
農業支援事業「梅農園」その46
貴重な琵琶の実です

 梅を植栽したのは2001年12月。その後「梅農園」には、2〜4年間は年に3〜4回は「梅農園」を訪れて、梅の成長を楽しみに施肥や剪定・水管理など色々してきました。

 訪問する時々に果樹の苗木を持参して現地で育つものを確認してきました。みかんの数種類・甘柿・渋柿・イチジク・ぶどう・すもも・びわを植栽。残ったのは富有柿・びわ・イチジクが育ちました。

 害虫・鳥害・施肥・剪定など問題があり、富有柿は熟すと、ネズミが来てかじられる。びわは花を鳥や虫が食べる。剪定の仕方が分からず、枝が込み合っている。イチジクが少し採れるが木は育ちが悪い。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは4月分756回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2018-05-08 13:01 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/756/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。