担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
農業支援事業「梅農園」その38
歴史を残す目的で書いています(2001年12月梅の植栽風景)

 2008年の2月に「梅農園」を訪問しました。2007年4月に梅実165.6kgを収穫した内の60kgを梅酒に漬けこみ、他は梅干にしました。それを製品化しました。

 思えば私たちが2001年12月4日(火)〜12月10日(月)まで・4大都市をめぐる7日間のミャンマーツアーでした。この旅行中に梅の植栽も大きな目的の一つでした。場所はピンウールイン郊外の丘陵地です。150本の二青梅の挿し木苗を持ち込み参加者が1人1〜2本ずつ植えました。

 あれから7年目にやっと梅干し・梅酒が製品化にこぎつけました。その間会員のみなさんが「梅農園」で選定作業や施肥作業・土壌分析から施肥肥料の選別をして何時施肥したら効果があるか、また水の管理・コブ牛2頭や揚水ポンプなど寄贈し、当会初の支援事業「梅農園」を知って頂くために詳細に報告をして、歴史を残す目的で書いています。まだ続きます。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは2月分663回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。

2018-03-13 18:01 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/748/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。