担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
農業支援事業「梅農園」その23
現地調達の梅干用の瓶
 
 2007年の梅の実収穫に備える打ち合わせをしました。
’澑爐寮鍵薐稜Г里燭瓠¬1本別に収穫量の確認をする。(農園の植栽位置の関係を知る)
梅加工のための準備(日本から持ち込むものは、ポリ袋・軽量ばかり・レシピ) 現地調達するものは(竹ざる・瓶・塩(岩塩)・砂糖・焼酎35度・椰子の黒糖など)
C口充氏・内川弘氏の指導をして頂くためにミャンマーに行って頂く。
以上を決め諸準備に当たる。

 2007年4月15日(日)〜21日(土)まで梅の収穫及び梅干・梅酒の加工の指導のためにミャンマーに入る。16日午後ピンウールィンにある「梅農園」に到着。 現地手配の梅干用の瓶が沢山農家の裏におかれている。直ぐに水を入れ漏れがないかを確かめるため1昼夜おくようにしました。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは10月分793回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2017-11-28 07:32 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/731/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。