担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
農業支援事業「梅農園」その22
大きく生育した梅樹

 2006年11月に前理事長中尾作蔵氏が2年ぶりに「梅農園」を訪問。梅樹が大きく成育して、高さ5m、枝の外周4.5mの大木を見て感動され詩を読まれる。
 春近き シャン高原に 梅の花 宝の山と なるぞ嬉しき

 来春の準備をしました。1本の木に過リン酸石灰2kgを枝の伸びた外周以内に施肥をする。季節的に乾期に入るので、農民のみなさんに10日おきに潅水することを念押しする。
 
 2月に梅が実を付けた報告が入り、4月に訪問して14kgの梅を収穫しました。谷口理事指導で梅干し用の塩漬けと梅酒を漬け込みました。その試作品を持参し、駐ミャンマー日本大使館を表敬訪問。公使と面談し当会の活動を説明しました。梅干と梅酒の試食・試飲をお願いする「大変美味しい」との評価をいただく。来年が楽しみになる。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは10月分793回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2017-11-21 12:06 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/730/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。