担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
農業支援事業「梅農園」その18
堆肥作りを指導する

 梅園の土壌分析の結果、梅の結実には欠かせない要素で、極端に不足するリン酸の供給と好石灰果樹である梅には両成分が供給でき、現地で入手できる過リン酸石灰を施すことが大切になる。

 2005年8月に「梅農園」を北山・権藤・河東さんが訪問。施肥をすることと、樹勢を健康にするための発酵牛糞堆肥を作る指導をしました。長さ5m・幅2m・深さ1mの穴を2カ所堀り、シートを引き牛糞・米糠・雑草・持参した発酵促進剤をサンドイッチ状に重ね、水を散布しながら積み上げていく。高さ2mでシートをかけ3週間発酵させる。3週目に予め掘っていた穴に積み替える作業を3回繰り返すことを教える。出来た堆肥を梅樹の根元に施肥をするように指導しました。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは9月分944回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2017-10-24 06:51 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/726/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。