担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
農業支援事業「梅農園」その17
こぶ牛はアジアの畜牛の原種です

 梅農園の希望として揚水ポンプ、こぶ牛、肥料がほしいと要望がありました。2005年11月に明石西ロータリーより、要望のあった揚水ポンプとこぶ牛2頭(牡・雌)を農業支援として寄贈いただきました。

 こぶ牛は家畜の牛の一品種。体高1.3〜1.5メートル。肩にこぶがあり、胸から腹にかけて肉垂れがある。インドに多く、ヒンズー教徒によって神聖視される。ヨーロッパ系の牛とは異なり、アジアの畜牛の原種です。

 ミャンマーの農村ではよく見られるおとなしい畜牛で農耕や牛車で荷物を運ぶ。牛の糞は貴重な肥料となります。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは9月分944回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2017-10-17 14:51 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/725/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。