担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
農業支援事業「梅農園」その15
揚水ポンプ、コブ牛を寄贈する。

ミャンマーには乾期(10月下旬から2月)があり、梅栽培ではこの期間の水やりの管理が大切になります。

 梅農園の希望として揚水ポンプ、コブ牛、肥料がほしいと要望がありました。2005年11月に明石西ロータリーより、要望のあった揚水ポンプとコブ牛2頭(牡・雌)を農業支援として寄贈いただきました。

 揚水ポンプを使い梅樹の周りを水溜の穴を掘り水路を作り、農民たちの10日に一度の水やり作業が軽減しました。大変喜んでいました。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは9月分944回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2017-10-03 11:35 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/722/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。