担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
農業支援事業「梅農園」その13
土壌管理は肥料施肥の時期が大切です。
 
 年2回の定期ツアー並びに他の用件と兼ねてミャンマーに行かれた方には、必ず梅農園を訪問していただき梅の育成の情報を知らせてもらった。土壌管理が出来ているか重点的に確認をしてもらう。

 梅の結実には欠かせない要素で、極端に不足するリン酸の供給と好石灰果樹である梅には両成分が供給でき、現地で入手できる過リン酸石灰を施すことが大切になる。10月に施肥する。

 結実をよくするために11月〜2月には、3種混合肥料(窒素16%・リン酸16%・カリ8%)を、梅樹の枝先端に当たるところを円周に掘り起こし、3種肥料を施肥しました。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは8月分911回ありました。ありがとうございました


クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2017-09-19 05:53 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/720/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。