担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
NPO神戸ミャンマー皆好会 会の歩み6
神戸ミャンマー皆好会」設立される

 2001年12月4大都市をめぐる7日間の初のミャンマーツアーで、仏教国で純粋な心を持った人たち、子どもたちの輝く目とその笑顔が素晴らしく、大自然の残る農業風景など現在の日本人に失われつつある「仏の心」「道徳心」など良き日本の原風景を見た思いで旅行参加者はミャンマーが大好きになった旅でした。

 ミャンマーが大好きになった有志が、中尾作蔵氏のミャンマー支援を継続していこうとの思いが強くなり会設立の準備会をもち、旅行参加者や各々の知人に呼びかけた。2002月5月に会設立総会が兵庫県篠山市で20名の参加で開かれた。会名はミャンマーが皆好きになったことから「神戸ミャンマー皆好会」に決定。

 会設立目的を「ミャンマーの人々との交流を通じ、相互理解と友好を深め、生活、文化交流を図り、世界平和に貢献すること」とし、会則の審議をしました。
事業として農業技術指導(梅の植樹を成功させる)ミャンマーにおける日本語教育支援を当面はすることに決定。

 初代会長に中尾作蔵さん(共進舎牧農園会長)。他に副会長2・常任理事2・理事3・監事2・事務局長1名の総勢11名の役員を選出。いずれも満場一致で議決されました。ここに「神戸ミャンマー皆好会」が設立されました。今後活動を進める中で近い将来にNPOの法人格取得を誓いあいました。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは2月分869回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2017-03-07 13:22 | 記事へ | 友好交流活動 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/692/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。