担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
NPO神戸ミャンマー皆好会 会の歩み4
ミャンマーは自然が残る農業国です

 国土が南北に長いため、中部から南部は熱帯、北部は温帯。熱帯では乾季と雨季の2シーズンがある。雨季は5月から10月位まで、あとは乾季となる。

 山頂のパヤー(仏塔)で知られるマンダレー・ヒルに登ると、眼下にゆったりと蛇行するエーヤワディー川が見事だ。雨季には川幅が何倍にもなり、両岸の田畑や民家は水に没するのが手に取るようにわかる。平野部は一面の田園地帯。もちろん水田なので日本の面影がある。農作業は今も農家総出で田植えをする。日本の昭和30年ごろを思い出す。

 広々として新潟平野といった雰囲気です。遠くにはシャン高原やアラカン山脈の前山が見える。夕陽は西の方に沈むが、その時はまさに悠久の大地という言葉が浮かんでくるほど美しい。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは1月分887回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2017-02-07 12:34 | 記事へ | 友好交流活動 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/690/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。