担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
NPO神戸ミャンマー皆好会 会の歩み3
見習い僧とミングォンの大鐘(外径が5m・重量90トン世界最大級)

 仏教徒たちは「願わくば釈迦のように善行を積みたい」と思っている。善行を積み功徳を得るのが、男子5~10歳の時に得度式(剃髪をして僧衣に着替え仏法僧に帰依することを誓う)を受けて仏門に入り見習い僧になること。20歳前に再入門する人も多い。

 義務付けられているのは10日間。希望によっては何カ月も僧院生活で修行を積むことで最も功徳をいただく。そのまま僧になってしまう人もいる。青少年期を通して一生のうち三回程度僧院生活をするのが基準とされる。女子も得度式を受け仏門に入り修行できる。が見習僧とは言われない。

 五大無量 佛・法・僧・両親・師(仏陀を信じ、法を守り、僧侶・両親・師を敬うこと)
 五戒   不摂生戒・不倫盗戒・不妄語戒・不邪淫戒・不飲酒戒
これら十戒を徹底的に教えられる。ミャンマーではこれら戒律が生活規範になっており、仏教が生活の中に生きていると言える。(治安が良いという側面になっている)
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは12月分880回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2017-01-31 09:44 | 記事へ | 友好交流活動 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/689/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。