担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
ビルマ戦線関連企画に協力 その9
「悲劇のビルマ戦線水彩画」を展示

 成福院の摩尼宝塔が「ビルマ戦没者の慰霊の霊廟」であることの意味を知って頂くため催しものとして、神戸ミャンマー皆好会が所蔵する「悲劇のビルマ戦線水彩画」の展示会を、大法要の開催期間中(3日間)成福院の庭や通路にテントを張って、展示して、沿道を通る観光客にも「ビルマの戦争を語り継ぐ」催しとして開催されました。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは11月分663回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します
2015-12-01 10:18 | 記事へ | 友好交流活動 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/627/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。