担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
ビルマ戦線関連企画に協力 その1
神戸新聞 子ども向け「週刊まなび」で大きく掲載される。

 戦後70年の節目の年、終戦記念日の前後報道関係は先の太平洋戦争について体験者も高齢になり、今聞いておくべきとの企画が多くなりました。

 ビルマ(現ミャンマ−)戦線に関連した企画では当会は協力を惜しまず、会独自の企画では新聞・テレビ・ラジオ等で報道されました。これらを振り返って何回かに分け報告します。

 神戸新聞子ども向け「週刊まなび」で戦争を生き抜いた元日本兵、細谷寛さん(当会会員)に聞く。激戦地ビルマでの体験を当時の着用服・飯ごう・土・爆弾の破片・捕虜時のメモなどを持参し、子どもたちに分かりやすく話をされました。7月19日(日曜日)18面教育に掲載されました。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは9月分613回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2015-10-06 14:28 | 記事へ | 友好交流活動 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/618/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。