担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
中尾嘉延理事長に絵本などを手渡す小野高生
 新年会が1月25日(土)神戸市内のホテルで開催された。民政移管で注目される国ミャンマーへの支援について課題研究してきた小野高校(小野市西本町)の国際経済科3年生が、マングローブ植林に小野まつりで屋台を出しその売り上げや校内で募金された寄付金、日本の昔話など絵本も英訳し、ミャンマーの高校生に見てもらおうと、小野高校の生活の様子を撮影したDVDも作り、今回「神戸ミャンマー皆好会」に預託される。

 課題研究成果をまとめたパワーポイントで報告していただく。当会とは昨年6月よりミャンマーの状況や支援活動の実態をお話してきた関係で、新年会にも出ていただき華やいだ会になりました。2月25日から会員が現地を訪れ、生徒らから依頼された支援を実施する。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは1月分544回ありました。ありがとうございました。


クリックは1日1回のみ有効です。
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2014-02-04 14:22 | 記事へ | 友好交流活動 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/518/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。