担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
ピンダヤ・洞窟寺院 11
お祈りされるお顔と手の形の意味は?

 鍾乳洞の一番奥の場所にずらりと並ぶ大理石で作られた仏様の像が39体もおかれていました。大理石で作られた像は同じ大きさですが、お顔の表情と手の位置がいずれも異なる。

 通訳の話をよく聞いておけば良かったのですが、仏様がお祈りをされている意味を手の形とお顔の表情で表していると聞いたように思うが・・?。(記憶が正確ではありません)
副理事長 林英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマ−看護師育英資金として活用されます。

 なお、広告クリックは9月分391回、ありました。ありがとうございました。


クリックは1日1回のみ有効です。
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2012-10-09 09:11 | 記事へ | トピックス | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/414/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。