担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
国立ヤンゴン看護大学訪問 その4
写真 奨学金を授与された パン エイ マン マンさん(左側)

パン エイ マン マンさんのレポートを紹介します。

 私はエヤーワディー管区ミャウンミャー高校の試験を3位の優秀な成績で合格しました。医科大学に合格点数が少し足りなかったので看護大学を選びました。ヤンゴンにやってきて下宿費もかかりますので、親の収入では大変厳しい状態でした。私は長女で下に中学生妹と小学生弟がいます。お金が必要になるたびに、親戚のところでお願いをして支援してもらっていました。今回日本からの奨学金を頂き、たいへん安心できました。勉強にも集中できるようになりました。

 夏休みには私の町のお寺にある無料のクリニックでボランティア活動をして、人々の健康のためのできる限りの世話をしました。1年生のとき、私の勉強が足りないので1つの単位のために再受験を受けないといけなくなり、大変恥ずかしい思いをしました。このようなことが2度とならないように何倍もの努力を重ねていきます。今後も良い看護婦になるようがんばりますので、こんごともよろしくお願いいたします。

ヤンゴン看護大学訪問シリーズでブログしています。
常任理事 北山秀俊

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に
4円寄付されます。ミャンマ−看護師育英資金として活用されます。

 なお、広告クリックは2月分418回、ありました。ありがとうございました。


クリックは1日1回のみ有効です。
写真をクリックで拡大します
2012-03-09 07:56 | 記事へ | 福祉・医療・保健の支援活動 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/351/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。