担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
たわわに生る梅の実
2011年度は4トン採れました。

 2001年(平成13年)12月、農業支援の一つとして、初のミャンマーに梅を植えるという夢を実現するために挿し木した梅苗150本を持って、マンダレーから約70km東にある、海抜1100mの高原の街ピンウールィン郊外にある村に夢の梅苗を植樹しました。

早いもので今年10年目を迎え梅の実を4トン収穫できました。梅酒と梅干に加工しました。梅酒3,000リットル(氷砂糖漬け) と 梅酒1,000リットル(氷砂糖・椰子黒糖漬け) 梅干300キログラム(暑い所を考慮して本来の梅漬け塩分20%にしました)
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマ−看護師育英資金として活用されます。

 なお、広告クリックは9月分414回、ありました。ありがとうございました。


クリックは1日1回のみ有効です。
写真をクリックで拡大します
2011-10-07 13:11 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/308/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。