担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
二代目コブ牛が来る。
農民とコブ牛

 2005年11月明石西ロータリークラブから国際奉仕活動の一つとして、農業支援としてコブ牛の子牛2頭と揚水ポンプが寄贈された。梅の栽培地を耕したり、梅の水やりに活躍をして農民の助けになる。

 そのコブ牛が2010年には成牛になり、農民に角で突きかかり怪我をさせる。それで2頭を売りコブ牛のかわいい子牛2頭と代える。
暑い中の作業でおとなしい牛も気が荒くなる時があるのだろうか?
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマ−看護師育英資金として活用されます。

 なお、広告クリックは9月分414回、ありました。ありがとうございました。


クリックは1日1回のみ有効です。
写真をクリックで拡大します
2011-10-04 19:07 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/307/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。