担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
ミャンマーの暑い地で梅木の増殖に成功
順調に梅樹が成長・来年には実をつけることでしょう。

 2007年4月に取り木「根だし作業』を指導し、私たちが帰った後から農民が取り木「根だし作業」を練習したものを入れて、96本の取り木「根だし作業』に成功する。
ミャンマーの暑い地で、梅木の増殖に成功した記念の年と言えます。

 梅研究・梅栽培の専門家に報告し、次の指示をいただくと年内に定植した方が良いとの指導があり、現地農民だけで7m間隔で圃場に定植をする。梅木の植え方の指導書だけ送り作業をしてもらったので内心心配をしていましたが、2010年11月訪問した時には順調に梅樹が大きく成長していました。

 5年目を迎える来年には梅の実がなり始めることでしょう。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマ−看護師育英資金として活用されます。

 なお、広告クリックは7月分468回、ありました。(8月は広告が無い状態でした)ありがとうございました。


クリックは1日1回のみ有効です。
写真をクリックで拡大します
2011-09-30 14:41 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/306/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。