担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
梅の木は切りません
10年でたくましく成長した梅の幹

 昔からのことわざに、「桜切る馬鹿・梅切らぬ馬鹿」桜の枝は剪定(せんてい)のはさみを入れない方がよく、梅の枝はきちんと剪定した方がよいということ。伸びるに任せた桜は奇麗に花を咲かせ、手入れの行き届いた梅は見事な花実をつける。

 ミャンマーでは、明確に分かれる3つの季節がある。雨期(5月下旬〜10月中旬)乾期(10月下旬〜2月)暑期(3月〜5月中旬)。
 暑期は30度を越し、快適な乾期でも24度前後、夜は20度前後になります。

 暑さ対策(枝葉で太陽光を遮断する)で剪定をせず自然成長にまかせました。梅の幹はこのように枝が多く出て力強い枝ぶりになりました。(たばこの箱を置いて分かりやすくしています)梅園はまさに梅林です。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマ−看護師育英資金として活用されます。

 なお、広告クリックは7月分468回ありました。(8月は広告が無い状態でした)ありがとうございました


クリックは1日1回のみ有効です。
写真をクリックで拡大します
2011-09-20 09:43 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/303/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。