担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
ティンミャンマーランゲージセンター ボランティア 7
写真は料理がたくさん並んでいる夕食のテーブルです

ミャンマーでの食事は昼と夜をエイコ先生にご馳走になりました。昼はお手伝いさんが毎日お弁当を学校まで届けに来て下さり、夜はエイコ先生のお宅に伺いました。

ミャンマーではご飯の上に、色々なおかずを載せて混ぜ合わせて食べます。一般的には粘りの少ないパサパサする米に人気があるそうですが、エイコ先生のお宅では日本と同じようなモチモチする米を使われていたのでとても口に合いました。

ちょうどマンゴーの季節だったので、おいしいマンゴーを毎日食べることができました。マンゴーも、エイコ先生はご飯と一緒に混ぜて食べます。
ミャンマーでも全員がマンゴーとご飯を混ぜて食べるわけではないですが、混ぜて食べると、半殺しのおはぎを食べているようで、これもまた一興があります。

ジンドゥという、きしめんをにんにく油に絡めたような麺料理とシジェという、生姜の漬け物を使うサラダが美味しかったのでエイコ先生に作り方を教わりました。

街にはミャンマー料理の他にインド料理やタイ料理の店が並んでいます。
TMLCでも夕方になると、おやつとして軽く食べられるものを近所のお店からよく配達してもらいます。

ミャンマーのデザートは見た目よりも味があっさりしているものが多く、甘いデザートにはココナッツが使われていることが多いです。

また、ミャンマーの若者は辛いものも好きなので、辛いおやつを頼むこともよくあります。その時は、私のためにあまり辛くないものも一緒に頼んでもらいました。
原田 千春

お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマ−看護師育英資金として活用されます。

なお、広告クリックは7月分468回、ありました。ありがとうございました。


クリックは1日1回のみ有効です。
写真をクリックで拡大します
2011-08-09 07:15 | 記事へ | 日本語学校支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/291/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。