担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
ティンミャンマーランゲージセンター ボランティア 3
写真はボランティア終了の前日にみんなでレストランで記念撮影

エイコ先生に案内されて、2階のティンミャンマーランゲージセンター(以下、TMLC)へ入りました。

受付のカウンターがあり、その奥に1〜2名の授業で使う教室と3〜6名のグループで使う教室がありました。受付からガラスを隔てた隣の部屋はエイコ先生の事務室になっており、私用の机とパソコンを用意していただいていました。

エイコ先生は電機製品がとても好きなようで、事務室には5台もノートパソコンがあり、DVDプレーヤーやスピーカーや音楽も映像も見ることができる小型のラジオ局くらいの製品が置かれていました。

わたしが荷物を置いて落ち着いた後に、従業員の方たちと挨拶をしました。TMLCの方は言葉遣いが丁寧で、礼儀正しいです。これはエイコ先生が、テストだけではなく、礼儀も大切にしなければならないという考え方で教育をされているからです。

従業員の方は4名。
イーモーさんは責任感があり、負けず嫌いです。6月からは新しい仕事を始めました。
メーゼーウさんは真面目で、おっとりしています。
シュウェイさんは日本への留学を目指しながらTMLCの手伝いをしています。
ムモンパンさんはカチン族の出身で、努力家です。

従業員の方は日本語がよくできるので、会話ではずっと日本語を使いました。エイコ先生も従業員の方に指示をするときは、よく日本語を使います。
このようにして私のボランティア生活はスタートしました。(続く)

写真はボランティア終了の前日にみんなでレストランに行ったときに撮影しました。左から、ムモンパンさん、エイコ先生、私、シュウェイさん、メーゼーウさん。
原田 千春

お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマ−看護師育英資金として活用されます。

なお、広告クリックは6月分496回、ありました。ありがとうございました。


クリックは1日1回のみ有効です。
写真をクリックで拡大します

広告主が変わりまし、クリックは
↓ この下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2011-07-22 07:41 | 記事へ | 日本語学校支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/287/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。