担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
切り干し大根
日本と同じ作り方で驚く

 ピンウ−ルインから10kmほどの所にあるシャン族の小さな村。シャン族の生活ぶりに触れられる数少ない場所の一つです。日本と同じように切り干し大根を作っていたのには驚いた。

 大根を切って太陽と風に当て乾燥させると、ほんのり自然の甘さと旨みが増し、軽快な歯ごたえが美味しさの秘密になる。食物繊維などの栄養分も豊富に含んだ保存食になり、簡単に取り出して直ぐに料理に使えます。

 日本では農家の庭先でむしろに並べて乾燥させていた風景も、今では見られなくなりましたが、ミャンマ−で見られたことに驚きました。
ミャンマ−ではどのようなレシピがあるのか興味がわきます。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代って広告主から皆好会に4円寄付されます。 ミャンマー看護師育英資金として活用されます。
 
 なお、広告クリックは4月分383回、4月まで累計2,084回ありました。ありがとうございました


クリックは1日1回のみ有効です。
写真をクリックで拡大します
2010-05-19 09:44 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/162/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。