担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
にんにくを植付ける農民
稲藁も大切な農業資材

 ピンウ−ルインの郊外10kmほどにあるシャン族の小さな村を訪ねる。その途中畑で働く人たちが、何かを手で一つずつ植付けている。通訳さんに聞いてもらうと「にんにく」だとのこと。

 植付けた後で、稲藁を敷き詰めている。暑さ予防と保湿、稲藁が腐れば肥料にもなる。それにしても広い畑で大変な作業である。ミャンマ−は未だ農機具も機械も日本の昭和20〜30年代のような状態で、人の労力中心の農作業で大変です。 

 私の小さい頃、遊びに行った田舎のお爺さん、お婆さんが朝から晩まで農作業していた頃を思い出します。あぜ道を走り回っていた時のような何か懐かしい風景に出会ったように感じます。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代って広告主から皆好会に4円寄付されます。 ミャンマー看護師育英資金として活用されます。
 
 なお、広告クリックは4月分383回、4月まで累計2,084回ありました。ありがとうございました


クリックは1日1回のみ有効です。
写真をクリックで拡大します
2010-05-17 08:44 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/161/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。