担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
オーストラリアから眼科の先生
ヤンゴン盲学校学生の初眼検診

ヤンゴンとピンウールィン盲学校を毎年訪問し英語点字書などを寄贈しています。
私たちグループがヤンゴンの盲学校を訪問した日は、Tyi Ma副校長先生から「今日はオーストラリアのボランテア団体が盲学生の眼の検診に来てくれてくれいます。目の検診は盲学校開設以来初めてです」と言われました。
詳しく聞くと、オーストラリアの眼科学学会と女性と子ども基幹病院2団体の医師と看護師たちが大勢で検診をされていました。
学生たちも整然と検診の順番を待っていました。

ミャンマーの盲学校は各国の支援によって支えられていると思います。
以前にTyi Ma副校長先から、日本のマッサージ師から技術を学び、ヤンゴン市民にマッサージを施して収入を得ていますとのお話もありました。
常任理事 北山秀俊

お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代って広告主から皆好会に4円寄付されます。
ミャンマー看護師育英資金として活用されます。 

なお、広告クリックは12月分302回、11月まで累計495回ありました。
ありがとうございました。


クリックは1日1回のみ有効です。
写真をクリックで拡大します。
2010-01-22 22:44 | 記事へ | 福祉・医療・保健の支援活動 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/104/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。