担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
2018年12月11日
ミャンマー友好交流ツアー その27
ポ−ウィン山の寝仏は砂岩を長い年月をかけ掘り抜いたものです

 モンユアの仏教施設パヤー(仏塔)・仏像・寝仏などは、規模が大き過ぎてスケール感が狂う。ボディ・タタウンやポ−ウィン山、これから紹介するタウンボッデ−などその地域全体が仏教施設のよう思われる。

 岩肌の穴はほとんどが人工の洞窟で、ひとつの大きな砂岩を長い年月をかけ掘り抜いたもので中には、入り口よりも大きい寝仏が横たわっています。仏像と壁の間に継ぎ目がないことから、仏像の形を残すように彫られたもので驚きです。彫師が気の長くなる年月を掛けたことでしょう。壁画は17〜18世紀のものが多い。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは11月分643回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2018-12-11 14:25 | 記事へ | ミャンマー友好交流ツアー | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/788/
2018年12月04日
ミャンマー友好交流ツアー その26
ポ−ウィン山の岩肌の穴は、洞窟寺院で知られています

 モンユアを流れるチンドウィン川を渡り対岸の集落を抜け乾燥した大地を進むとポ−ウィン山に着く。この山は死火山で岩肌にたくさんの穴が開いているのが見える。これらは洞窟寺院で知られている。

 岩山頂上にはパヤー(仏塔)が建てられている。岩肌の穴はひとつの大きな砂岩を長い年月をかけ掘り抜いたもので中には、入り口よりも大きい仏像があります。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは11月分643回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2018-12-04 10:29 | 記事へ | ミャンマー友好交流ツアー | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/787/
2018年11月27日
ミャンマー友好交流ツアー その25
林の中に並ぶ仏像には傘がさされています

 ボディ・タタウンでひときわ目立つ仏像レーチョン・サチャー・ムニの周りには約1万体の仏像が並ぶ。
 
 仏像レーチョン・サチャー・ムニを置く敷地確保のために周囲を伐採していた際、1本だけどうしても切れない木があり、聖なる木に違いないとその木を覆うように建てられたという。林の中に並列におかれた仏像には傘がさされています。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは10月分652回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2018-11-27 15:03 | 記事へ | ミャンマー友好交流ツアー | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/786/
2018年11月20日
ミャンマー友好交流ツアー その24
優雅に横たわる寝仏はシュエターリャウン

 ボディ・タタウンでひときわ目立つ仏像レーチョン・サチャー・ムニの前で優雅に横たわる寝仏はシュエターリャウンと呼ばれ、全長111m、幅10m以上。近くで見ると大迫力。内部には仏陀が悟りを開くまでのエピソードが展示されています。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは10月分652回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2018-11-20 13:42 | 記事へ | ミャンマー友好交流ツアー | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/785/
2018年11月13日
ミャンマー友好交流ツアー その23
規模が大き過ぎてスケール感が狂うボディ・タタウン

 マンダレーから西へ約160kmにあるモンユワはサガイン地方域最大の都市。古くからインドなどとの交易の中心として栄えた。2016年モンユワを訪れ仏教遺跡の規模の大きいのには驚きました。小高い丘の上に巨大な仏像が見えてくる。この丘に広がる村がボディ・タタウンでひときわ目立つ仏像はレーチョン・サチャー・ムニです。

 發気錬隠隠機ィ牽蹇台座を入れると192.2m。これだけ高い仏像を造ったのには、世界を広く見渡して平和と安寧を守る意味が込められているという。内部はまだ工事中。但し一部は解放されており各階には、仏教や仏陀に関する展示が見られる。28階建ての20階まではエレベーターで上がれる予定。

 規模が大き過ぎてスケール感が狂うボディ・タタウンですが、驚くことに仏像レーチョン・サチャー・ムニより一段と高い仏像が近くで建造中。その大きな囲いが見られたことです。完成は何時になるか分かりません。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは10月分652回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2018-11-13 20:15 | 記事へ | ミャンマー友好交流ツアー | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/784/
2018年11月06日
ミャンマー友好交流ツアー その22
地震で倒壊したまま残るヤタナ−シンメ・パヤ−
 
 インワの歴史は古く、1364年シャン族の都として栄え、その後約400年間ビルマ族の王朝の都として栄えた。1838年に発生した大地震で甚大な被害を受け、他へ都が移されその後都はインワへ戻ることはなかった。

 現在のインワの市街はいくつかの小集落と化し、500年近くの間都があったとは思えないほどさびれている。のどかな田園地帯にあるヤタナ−シンメ・パヤーは地震で倒壊したまま残っている。石門越しに、草むらの中、石柱とともに仏像が建つ。その姿は美しい。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは10月分652回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2018-11-06 07:49 | 記事へ | ミャンマー友好交流ツアー | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/783/