担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
2019年06月11日
日本語学校支援 その11
理事長中尾作蔵氏・日本語学校ティンミャンマーランゲージセンター訪問

 当会が発足する前年の2001年12月共進舎牧農園会長の中尾作蔵氏企画のミャンマー旅行が24名の参加で行われた。農業支援として梅の苗木植樹と日本語学校支援をすることに決め、その後も毎年年2回から3回ミャンマー旅行をする都度日本語学校を訪問しました。

 2004年4月に神戸ミャンマー皆好会ができて初めて理事長 中尾作蔵氏が訪問されました。ティンエイエイコ校長の自宅マンション前で記念撮影をしました。
顧問 林 英 雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは5月分635回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2019-06-11 13:11 | 記事へ | 日本語学校支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/815/
2019年06月04日
日本語学校支援 その10
ティンミャンマーランゲージセンター(略しTMLC)卒業生の活躍
 
 私 KWA NYO THIN(クゥア−ニヨ−ティン)はPLG旅行社でツアーガイドをして居りました。2007年に思い切って日本語能力検定試験1級を受ける決心をしました。勉強するために学校は校長先生がミャンマー人で日本の大学で学び博士コースで文学博士になられた方で、日本語勉強中のミャンマー人学生たちの弱点、あるいは気持ちが分かるのではと思い、ティンミャンマーランゲージセンターに通うことにしました。

 読解と文法は校長先生に、聴解と漢字はHtin先生が担当で、試験直前まで指導していただき日本語能力検定試験1級に合格しました。先生方に感謝とお礼を申し上げます。言語というのは奥深いのでガイドをしながらも勉教をしていきます。

 私ワイピヨーは神戸ミャンマー皆好会の方々との出会いは、ティンミャンマーランゲージセンター(TMLC)で勉強していた2001年です。日本語学校卒し経済大学に行っていた2003年の終わりごろティンエイエイコ校長からミャンマーの福祉について調べてください。依頼は神戸ミャンマー皆好会の北山氏で、当時神戸市シルバーカレッジ3年在学で「ミャンマーの福祉」を研究テーマ―とされていました。それからのお付き合いで2005年8月環境保護活動マングローブ植林に同行、2004年初めて梅農園にも同行、それ以来4度も梅農園に行きました。(写真は梅農園で通訳をするワイピヨー氏中央の黒い帽子の人 会報6号から転載)
顧問 林 英 雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは5月分635回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2019-06-04 11:40 | 記事へ | 日本語学校支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/814/
2019年05月28日
日本語学校支援 その9
日本人学生との交流をしました
 
 ティンミャンマーランゲージセンター(略してTMLC)は2006年には、人材育成以外に、日本語教材開発と特に、日本人学生とミャンマー人学生との交流を深める活動も加わり、大変に充実した年になりました。

 ティン エイエイコ校長の活動報告より(神戸ミャンマー皆好会 会報第5号転載)
顧問 林 英 雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは4月分685回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2019-05-28 11:46 | 記事へ | 日本語学校支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/813/
2019年05月21日
日本語学校支援 その8
「日本語能力試験完全対応−日本語テキスト3級・4級教材」を発刊

 ティンミャンマーランゲージセンターは2005年と2006年、2年間かけてティンエイエイコ校長は本行沙織先生・徳竹礼圭先生と共著で当センター独自の教材「日本語能力試験完全対応−日本語テキスト(4級)」の発行に取り組み、2007年2月に出版しました。国際交流基金(在ミャンマー日本大使館の推薦を受けました)の助成を受けて出版しました。
ミャンマーでは初めての本格的な日本語教材となりました。

 2008年に2冊目になる「日本語能力試験完全対応―日本語テキスト(3級)」を「神戸ミャンマー皆好会」の一部助成を受け出版ができました。これらの教材の内容は基礎から学べるよう心がけて纏めてあるので、ミャンマーの日本語学習者にたいへん評判がよく、当センターに通う学生も増えてきました。ミャンマー全土からも問い合わせの電話が相次ぎました。今では、私達が出版しました4級、3級教材はミャンマー人のみならず、日本人教師も纏まっているので使いやすいと評判です。
顧問 林 英 雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは4月分685回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2019-05-21 11:51 | 記事へ | 日本語学校支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/812/
2019年05月14日
日本語学校支援 その7
日本語スピーチコンテストで1位、2位、3位を獲得
 
 2005年2月末から2006年1月半ばまでの11カ月間、日本語教師として大阪外国語大学日本語専攻ビルマ語科4年の本行沙織さんがTMLC「ティンミャンマーランゲージセンター」に赴任されました。

 本行先生はTMLCの特徴として
‘本人教師が教える
⊂人数制でアットホームである
6戯爐充実している
の3つを挙げられる。ビルマ人教師と日本人教師による授業のバランスが良く組み合わされて、レベルの高い授業ができたと思います。
 
 2005年7月に開催された、日本語スピーチコンテストでは、応募したレベル1(日本語能力検定試験1級対策レベル)の学生4名が4名とも予選を通過し、そのうち3名が1位、2位、3位を獲得しました。予選通過、受賞へ至る学生と教師の頑張り、努力を褒めたたえ喜ばしいことでした。(写真は日本語スピーチコンテスト表彰式 右はしが校長・左はしが本行さん)
副理事長 林 英 雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは4月分685回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2019-05-14 13:54 | 記事へ | 日本語学校支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/811/
2019年05月07日
日本語学校支援 その6
「ティンミャンマーランゲージセンター」創立2周年を迎え

 2003年9月13日に創立2周年を迎えました。ティンエイエイコ校長より嬉しい報告が入りました。

 日本語専門学校として、ミャンマーの学生に日本語能力試験2級を合格させることを目的に、年間20名の人材を育てる計画を立てやってきました。2002年12月に日本国外務省の認可で行われた「日本語能力試験」に本学校からの学生が8割合格という成績を出しました。またその中の2名が日本の大学に留学することが決まりました。

 ビルマ語を話される日本人の先生が日本語教育に来ていただき、創業時には5名の先生が一生懸命に集中講義を行っていただきました。土曜日、日曜日も補習授業もしました。
たいへんお世話になりました。御礼申し上げます(写真の先生は川原桂さん)

 当会から初代理事長中尾作蔵氏、権藤眞禎常任理事が精力的に関わり、多くの会員の方々から学校が成り立つための機材や辞書の提供、資金面のご支援をいただき厚く御礼申し上げます。(写真は神戸ミャンマー皆好会会報2号より転載)
副理事長 林 英 雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは4月分685回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2019-05-07 13:02 | 記事へ | 日本語学校支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/810/