担当者名:認定神戸ミャンマー皆好会
2018年04月24日
農業支援事業「梅農園」その44
梅の木が430本に増えました。

 取り木から増やしてきた梅の木が、農園管理者の話では現在(2018年1月)430本あるとの事。但し5年経過した木に少し枯れかかっているものがある。

 枯れる原因は、梅の木の水管理・肥料の施肥の管理が充分になされていないことが考えられる。現地の人に技術的なことや、日々の管理の仕方など教え作業移行をしてきましたが・・。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは3月分837回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。

2018-04-24 18:14 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/754/
2018年04月17日
農業支援事業「梅農園」その43
取り木枝の根出しに成功しました(写真これしかなくお許しを)

 取り木枝の根出し作業がミャンマー国内で試作した水苔に代わる椰子の実の皮繊維を細かく切り、保水性のある肥沃な土とよく交ぜたものから発根しました。

 発根が成功したことは今後梅の苗木を作り、梅の木を増やす場合にこの方法で苗木ができる確認は朗報と言えます。

 取り木枝を切り取り苗床に移して生育状況を見ながら水管理を怠らないようにする。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは3月分837回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2018-04-17 17:46 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/753/
2018年04月10日
農業支援事業「梅農園」その42
国内で代用品を使い取り木枝が作れないかテストする
 
 国内で代用品を使い取り木枝が作れないかと、農園管理者のアウンサン氏らが工夫をした。水苔に代わる椰子の実の皮繊維を細かく切る。保水性のある肥沃な土と交ぜたものを、勢いの良い枝を選び皮をむきそこに発根剤を塗り団子状に塗り付ける。
 その上から乾燥しないようにポリ袋をかぶせる。時々水をかける。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは3月分837回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2018-04-10 17:04 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/752/
2018年04月03日
農業支援事業「梅農園」その41
ミャンマー国内で水苔に代わるものを試作

 谷口充氏と谷口理事が2007年4月に訪問した時に取り木枝の方法を指導しました。日本から発根剤と水苔と黒いポリ袋持参。最も暑い時期でしたが120本の取り木枝を作りました。2008年2月に訪問確認しました。95本が成功し7m間隔で植栽されていました。

 ミャンマー国内で代用品を使い取り木枝が作れないかと、農園管理者のアウンサン氏(写真中央)とタイゾー氏が農業試験所の人(女性)に教えてもらいながら工夫をしていました。水苔に代わる物は、椰子の実の皮繊維を細かく切り保水性のある肥沃な土と交ぜて試みる。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは3月分837回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2018-04-03 15:13 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/751/
2018年03月27日
農業支援事業「梅農園」その40
取り木枝の方法で皮むきを指導しました。

 梅干し・梅酒の製品化が順調にできた。今後の梅園を考えた時、梅の木を増やすことが必要になることから、2007年4月に訪問した時に取り木枝の方法を指導しました。

 取り木は勢いの良い枝を選び皮をむきそこに発根剤を塗り水苔で包む。そして黒いポリ袋でしっかりと包む。水苔が乾燥しないように時々水をかける指導をしました。

 取り木枝は3月下旬〜6月下旬が現地では理想で、発根処理後2か月〜3カ月で切り取り苗床に仮植えし、育成後10月下旬〜11月に定植するのが最も望ましい。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは2月分663回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2018-03-27 14:01 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/750/
2018年03月20日
農業支援事業「梅農園」その39
梅の実の大きさ基準を決めました
 
 順調に梅の実の収穫ができ始めました。梅の実の基準を作業者が迷わないように決めました。簡単なことですが実の大きさのゲージと写真で示し迷ったらゲージを通すように指導しました。大きい実は梅干用・それ以外は梅酒用です。
副理事長 林 英雄

 お願い! 広告をクリックしてください。あなたに代わって広告主から皆好会に4円寄付されます。ミャンマー看護師育英奨学資金として活用されます。

 なお、広告クリックは2月分663回ありました。ありがとうございました。

クリックは1日1回のみ有効です
写真をクリックで拡大します

クリックはこの下のAcodeZ[アコーズ]をお願いします。
2018-03-20 14:09 | 記事へ | 農業支援 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/kobemyanmar/1/trackback/749/