担当者名:4en運営事務局
2008年01月22日
『書く』ことの力
こんにちは、4en運営事務局のかぼすです。
寒い日が続いていますね……私は寒さで小さくなっている日々ですが、子どもたちは元気ですね〜
我が家の前ではお休みの日には子ども達が元気にサッカーやキャッチボールをして遊びまわっているのですが、それを見ては羨ましくなります。

さて、最近「フリーペーパー」をよく読みます。
もともとおトク情報なんかが結構載っていて好きだったのですが、最近では個人で自分の作った詩や小説、また社会問題なんかについて書いたエッセイなどを載せて配布している人もいますね。

先日、お気に入りのカフェで手に取ったのもそんなフリーペーパーのひとつです。
どうやら個人の方が発行されているようなのですが、いろいろな方のエッセイや、作品の紹介などが盛りだくさん!
なかでも、メインの特集としてある社会問題を取り上げておられて、一個人としての素朴な疑問や思いが綴られており、あらためて『書く』ことの力ってすごいなぁと思ったのでした。

もしそれが普通の本として売られていたら、もしかしたら読まなかったかもしれない。それに、読んだとしても共感はできなかったかもしれない。
それが一個人としての思いが書かれていたことで、気負わずにすっと読むことができたのではないかと思います。

個人の力は弱いけれど、少しずつでも発信していくことで周りの人たちに少しでも何かを伝えることができる。
そんな風に実感したフリーペーパーだったのでした。

【4en運営事務局 かぼす】
2008-01-22 14:26 | 記事へ | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/info/2/trackback/69/
2007年11月26日
読書の秋…もう冬ですが。
寒いと言いつつ短いスカートはいちゃう乙女心……皆様こんにちは、かぼすです♪

読書の秋とは言いますが、読書に季節なんて関係ないと思いつつも、ホットドリンクを美味しくいただけるこの季節にのんびりコーヒーなんぞ飲みながら本を読むのは幸せです。

さて、かぼすが最近よく読んでいるのは、小関智弘さんという方の本です。
今までに読んだのは、
・『仕事が人を作る』岩波新書
・『春は鉄までが匂った』ちくま文庫
・『働くことは生きること』講談社現代新書
の3冊。

この方、高校卒業後から東京の大田区で旋盤工として働きながら作家活動をされていた方です。今は旋盤工としては引退されているようですが、旋盤工という町工場で働くひとりの生活者としての視点での世の中の見方であったり、ものづくりということであったり、ということがとても簡潔で美しい文章で綴られています。

その中でちょっとじーんと来たのが、「働くってことが楽なはずはない。働くというのは、傍(はた)を楽させるということなんだから。」という言葉。小関さんが先輩の職人さんから言われた言葉だそうです。
傍(はた)を楽させるって、もちろんそのお給料で家族が生きていかれるってこともあるんだろうけど、働くことで身に付けた技術や知識が社会のために役に立つってことも指しているのかな、と。

人のために何とかとかって難しいと思うこともあるけれど、自分がこの世に生まれてきて何かほんの少しの小さなことでもいいから誰かのために役に立てたらなぁって改めて思ったのでした。

NPOとかボランティアとか別に特別なことじゃなくって、友達が風邪で休んだら代わりにノートとっといてあげる、くらいの何でもない気持ちでもっとできるようになればいいなぁ…
4enもそのために頑張りたいと思います☆
2007-11-26 17:30 | 記事へ | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/info/2/trackback/51/
2007年11月06日
埃じゃ死なないとは言うけれど
 先週末、意を決して家の模様替えをしてちょっとすっきりなかぼすです♪こんにちは。
(でも、実はまだ片付け終わってません…)

 もうあと2ヶ月で年末なので、模様替えついでに普段はお掃除できないところの拭き掃除をしたり、少しでも大掃除の手間を減らそうと頑張っています。やっぱりキレイなおうちは気持ちがいい♪

 「埃じゃ人は死なないよ」とは言うけれど、でも憲法25条でも保障されてる「健康で文化的な生活」の中には、きちんと掃除された清潔な部屋で過ごす権利というのも入ってるんじゃないかなぁと思うのでした。そして同時に、そんな権利を行使できることに感謝しなくちゃなぁとも思うのです。

 年末=大掃除と考える余裕のある生活が送れていること。掃除をしたいと思った時に、自分で自由に掃除ができること。何でもないことのように思えて、少し環境や状況が異なるだけで、たかが掃除がとても困難なことに変わってしまう。そういうことをいつも忘れていたくないなぁと思います。

 たかが掃除、されど掃除。…さあ、あともう一息がんばらなくちゃ☆

【4en運営事務局*かぼす*】
2007-11-06 18:02 | 記事へ | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/info/2/trackback/44/
2007年11月01日
トクホ
特定保健用食品(以下、トクホ)と言う言葉をご存知だろうか?

簡単に言ってしまうと、「健康の向上」が期待できる食品の事である。
少々他の商品よりは価格帯が高く設定されているが、つい購入してしまう心理は理解頂けると思う。

トクホについては勝手に食品に貼り付けて売って良い訳ではなく、科学的根拠に関する審査を受けた後、厚生労働大臣の許可を得なければならない。
2、3程前に出始めた頃は珍しかったが、今では何ともなしに購入した食品がトクホだったということもある。

昨今の食品事情から、多くの食品がトクホとして認定されている事が消費者として喜ばしいのかは分からないが、社会全体としての意識の高まりが強くなっていると感じる。

そうして私もいささかの高まりを感じ、野菜ジュースを毎日飲んでる。
ただ、それはトクホではなかったりするのだが。


きむら
4en運営事務局
2007-11-01 20:52 | 記事へ | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/info/2/trackback/42/
2007年10月26日
時間
大通りを自転車で走っている途中、何を思ったか小道を折れてみた。
とても生活の匂いが充満している。尤もそれを期待しているだが、この世界は虚飾ではない様に思う。

意図無く折れていると、小学校を通りがかった。私は校舎の下で小学生が3人遊んでいるのに目をやりながら、運動場を囲む金網に沿って走った。

あの子達が今の私と同い年になる頃、自分は少なくとも40歳は越えている。私とあの子達だけではない。時間はみんな平等に進み、その間に世界が変わるかも知れないし、全く変わらないかもしれない。

さあ何をしましょう。


きむら
4en運営事務局
2007-10-26 20:28 | 記事へ | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/info/2/trackback/39/
2007年10月24日
言葉のパワー
朝晩がめっきり寒くなってきて、身も心もやられそうな*かぼす*です。こんにちは。

私は、お仕事で何かを説明するような文章を作ることが多いのですが、文章そのものの難しさもさることながら、タイトルを付けることの難しさを日々感じています。

タイトルとか名前って、そのモノの内容や意図がわかるような、何かメッセージが伝わらなきゃならない。語感のよさだけを頼りにする時もあるけれど、その時はよほどいい語感でないと、何言ってるかわからないってだけのものになってしまう。
む ず か し い です……

そういえば名前で思い出したんですが、かぼすは小さい頃、E.T.と呼ばれていたことがあって。E.T.に似てるからって。今思うとちょっとからかわれただけなんだけど、当時の私はいたく傷ついていたのでした。

そんなことを考えていたら、やっぱり言葉の力ってすごいなぁって思いました。だって、もう10年以上も前のことなのに、まだ覚えてるなんて。(←ただ根に持つタイプなだけなのかも)
だけど、使いようによっては人を傷つけるんじゃなくて、人にパワーを与えてくれるものだと思う。言葉の力って。ブログで綴る言葉だってきっとそう。

だからこそ、4enでNPOの皆さんが行動したこと、感じたこと、考えてることをブログで綴ることには意味があると思います。どうぞ皆さん、これからも4enでポチっ!とよろしくお願いいたします。

【4en運営事務局*かぼす*】

追記:
E.T.ってもう20年も前の作品なんですね。
何だかんだ言って、結構好きな映画だったりします…
20周年アニバーサリー特別版公式ホームページ(英語)
2007-10-24 16:47 | 記事へ | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/info/2/trackback/37/
2007年10月19日
単純化回路
 “使いにくいものを使わされて、それに慣らされてしまっている”と感じる事がよくある。

 例えば今の超高齢社会日本で、テレビを見る様に高齢者がパソコンを楽しんでいるだろうか。キーボードは打ちにくい配列のものを使わされ、一つのソフトを使いこなせるようになる為に、高額の費用を出して学んでいる。
 また、サービス等の料金体系についても、割引の手続きなどが複雑過ぎれば、そこに頓着しない人間は、多く料金を支払わされる事にになってしまう。

 最近、当事務局のtoni氏の日記から、よりデザインについて考えさせられる事が多くなった。それが一体何たるかは、まだまだ分かり得ないが、一見難しい様で、実は簡単な気がしてならない。

 なぜなら、色々とWebサイトを閲覧していると、非常に使いやすいサイトに出会う事がある。えてして、それらは単純な構造である(ように思える)。
 また、複雑に見えるサイトは、大抵は額面通りであり、それ以上でも以下でもない。慣れる事により使いこなせるが、そう見えた時点で使用者は敷居を高く感じ、最悪の場合は去っていく。

 あらゆる事に言える事だと思うが、難しい事を難しく表現・設計するのは大した技量を必要としないはずだ。重要なのは、それを単純化できる回路を持ち合わせる事だと思う。
 そして、それを自らの脳内に構築するためには、“考える事”を継続するより他には無いと思っている。


きむら
4en運営事務局
2007-10-19 19:28 | 記事へ | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/info/2/trackback/35/
2007年10月11日
ピンクリボン
ピンクリボンとは乳がんの撲滅のため啓蒙を行う世界的キャンペーンである。
去る10月1日、レインボーブリッジ、東京タワーやヤフー等、あらゆる所でピンク色になった。知らずに見たら、何事かと驚いた後、ピンクリボンキャンペーンか、と納得するのだから効果的な啓蒙方法であると思う。

実は私の母親も乳がんを患ったのだが、今は元気過ぎて、それを忘れている事がほとんどである。あの頃の事を考えると不安な毎日だった。仔細はここで書くような事ではないので控えるが、様々な事を痛感する良いきっかけとなったと思う。

とは言え、病気は患わない方が断然良い。定期的な検診と、何かおかしいと感じた時は早急な受診を心がけて欲しい。

きむら
4en運営事務局
2007-10-11 19:07 | 記事へ | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/info/2/trackback/29/
2007年10月04日
シンプルライフ
自分には何が必要で、何が必要で無いのかがいまいち分からない。
私はどちらかと言うと、物を捨てたりする事が出来ない性分なので部屋は雑然としているし、ともすれば人間関係や精神状態も雑然としているかも知れない。

そんな自分にも理想の暮らし方はあります。
まず部屋にはベッドと小さな本棚、白色のクローゼットを配置します。
本棚には阿部公房や大江健三郎辺りの文庫本が2、3冊あるのが好ましい。
壁紙もカーテンも白色にして、照明は昼白色のシーリングライトを設置して、他に物は何も置かないようにします。
そして常に財布は持たず、お札のみを持ち歩き、小銭が出来たら全部コンビニにある募金箱へ入れるようにします。
食事は配達されてくる自然食材を用い、お昼は自ら作った弁当にする。

かなりシンプルライフを取り違えてるかも知れないが、理想は理想として、少しでも自分の考えるシンプルに近づきたいとは思う。


きむら
4en運営事務局
2007-10-04 18:31 | 記事へ | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/info/2/trackback/26/
2007年10月02日
ぐっすり眠れる場所
毎日を元気に過ごすためには、安心してぐっすり眠れる場所があるって大事ですよね。

この写真のわんちゃんは知人の家で飼われている犬なのですが、この写真では気持ちよさそ〜に眠っているこのコも、最初からこんなに安心して眠れていたわけではないそうです。

というのも、このコは飼われていたブリーダー(犬や猫の純血種を繋殖させ、姿形のよさや能力の高さを求めて様々な改良を行っている人のこと)が事業に失敗して逃げてしまい、放置されていたところを発見されたのです。

発見された当時は、長い間、餌も与えられずに放置されていたせいか、なかなか人になつくことができず殺処分寸前だったようです。
そのような殺処分前の動物たちの里親を探すボランティアさんのおかげで、このコは愛情溢れるおうちに引き取られ、今はこうして安心して眠ることができるようになりました。

動物たちは愛らしい姿で私たち人間を和ませてくれます。時には人間以上に気持ちの通じ合うような絆が生まれることもあると聞きます。もちろん、そのような場合だけではなく、人間に危害を加える動物だっているでしょう。飼っている動物が「厄介者」と感じられることだってあるかもしれません。

しかし、どんなときでも人間の都合だけで振り回してはいけないと思うのです。
自分の都合だけで、その関係を作ったり・切ったりというのは、人間同士の場合にはできないことです。もし出来たとしても、そんな人はそのうち孤立してしまうでしょう。

人間と他の動物との関係も同じ…と私は思います。
そう考えて誠意をもって接するからこそ、お互いが幸せになれる。
一匹でも多くの動物たち(人間も含めて)が、安心して眠れる場所を見つけられることを願ってやみません。

【4en運営事務局 *かぼす*】
2007-10-02 11:19 | 記事へ | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/info/2/trackback/24/
2007年09月27日
ご挨拶
4en運営事務局スタッフのきむらと申します。
どうぞ宜しくお願いいたします。

こちらでは4en運営スタッフがそれぞれの日記を書き綴ってまいります。
また皆様からのコメントも、とても励みになりますので、どんどん書き込んでいって下さい。

私も定期的に更新して参りますので、どうぞ宜しくお願いいたします。


きむら
4en運営事務局
2007-09-27 14:58 | 記事へ | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/info/2/trackback/22/
2007年09月20日
大阪の風景
みなさんにとって大阪のイメージとはどんなものですか。

食いだおれの街、熱狂的な野球ファン、お笑い大好き……
そんなイメージだったりしませんか?

4en運営事務局がある大阪は、もちろんそのような活気あふれる街ではありますが、一方でこんな面もあるんだなぁと実感するのがこの写真のような風景です。

大阪は川と、その川にかかる橋の多い街ですが、こちらの橋はそんな橋のひとつで「水晶橋(すいしょうばし)」といいます。大阪の中心部を流れる堂島川にかかる橋です。

この橋は昭和4年に完成したものですが、そのアーチの美しさや重厚さに魅かれて、多くの市民が写真やスケッチの題材に選ぶほど。
また、この橋の近くは中之島という地域で、公会堂や図書館など明治〜昭和初期に作られた貴重な建物が今も大切に使われており、橋の美しさだけでなく、周辺の建物のたたずまいもあわせて楽しむことができます。

今では川自体は「きれい」とは言い難いものとなっていますが、何とか再び生き物の住める川にしようという活動もあります。
現在、応募受付中の4enプレゼントキャンペーンでプレゼント予定のEMせっけんにも使われているEMを使った河川の浄化活動も行われているようです。

美しい橋が映える、美しい川がいつか大阪にも戻る日が来るといいですね。

※EM…Effective Microorganisms 有用微生物
私たちが生活の色々な場面でお世話になっている微生物のこと。
たとえばパンやヨーグルト、味噌などの発酵食品をはじめとして、河川や湖の浄化をしてくれるものなど多くの種類があります。

【4en運営事務局 *かぼす*】
2007-09-20 13:42 | 記事へ | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/info/2/trackback/19/