担当者名:4en運営事務局
13年前の出来事を忘れずに。
 13年前の今日に起こった出来事。
 多くの日本人にとって、まだ記憶に新しい(そうであってほしい)阪神大震災。

 今日はそれにちなんだイベントが各地で行われていますね。
 4enに参加されている日本レスキュー協会様も、今日は震災の起こった時間に合わせ、朝5時半から追悼式と防災訓練を行われています。

 先日、日本レスキュー協会の4en担当の方とお話させていただいた時に、このイベントのために最近は忙しくされているというお話を聞きました。
 災害救助犬を育成するという活動をされている、日本レスキュー協会の原点となる大事な活動なのだと感じられました。

 私自身は震災当時は関東に住んでいたため、直接震災を経験したわけではありません。しかし、父が神戸出身だったこともあり、私の生活も少なからず影響を受けました。直接震災を経験していない私でさえもそんな具合でしたから、被災者の方々のご苦労は想像を絶するものだったのではないでしょうか。
 私は縁あって、大学時代に震災を経験された方々のお話を聞く機会に数多く恵まれ、また被災地でその後の助け合い活動に関わってこられた方のお話も数多く聞くことができました。
 その中で知ることができたのは、みなさんそれぞれに思いがあり、そして思いの分だけ悩まれ、ご苦労をされているということ。しかし、目指すものは皆同じであり、それはみんながしあわせに生きられる社会を作りたいということなのではないかと思っています。

 4enも同じ思いを持っています。「みんながしあわせにいきられる社会」を実現するために、4enとして出来ることを追求しつつ、今年も頑張っていきたいと思います。

 最後になりましたが、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。

【4en運営事務局 かぼす】
2008-01-17 17:46 | 記事へ | 四季折々 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/info/2/trackback/68/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。