担当者名:4en運営事務局
時間
大通りを自転車で走っている途中、何を思ったか小道を折れてみた。
とても生活の匂いが充満している。尤もそれを期待しているだが、この世界は虚飾ではない様に思う。

意図無く折れていると、小学校を通りがかった。私は校舎の下で小学生が3人遊んでいるのに目をやりながら、運動場を囲む金網に沿って走った。

あの子達が今の私と同い年になる頃、自分は少なくとも40歳は越えている。私とあの子達だけではない。時間はみんな平等に進み、その間に世界が変わるかも知れないし、全く変わらないかもしれない。

さあ何をしましょう。


きむら
4en運営事務局
2007-10-26 20:28 | 記事へ | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/info/2/trackback/39/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。