担当者名:4en運営事務局
単純化回路
 “使いにくいものを使わされて、それに慣らされてしまっている”と感じる事がよくある。

 例えば今の超高齢社会日本で、テレビを見る様に高齢者がパソコンを楽しんでいるだろうか。キーボードは打ちにくい配列のものを使わされ、一つのソフトを使いこなせるようになる為に、高額の費用を出して学んでいる。
 また、サービス等の料金体系についても、割引の手続きなどが複雑過ぎれば、そこに頓着しない人間は、多く料金を支払わされる事にになってしまう。

 最近、当事務局のtoni氏の日記から、よりデザインについて考えさせられる事が多くなった。それが一体何たるかは、まだまだ分かり得ないが、一見難しい様で、実は簡単な気がしてならない。

 なぜなら、色々とWebサイトを閲覧していると、非常に使いやすいサイトに出会う事がある。えてして、それらは単純な構造である(ように思える)。
 また、複雑に見えるサイトは、大抵は額面通りであり、それ以上でも以下でもない。慣れる事により使いこなせるが、そう見えた時点で使用者は敷居を高く感じ、最悪の場合は去っていく。

 あらゆる事に言える事だと思うが、難しい事を難しく表現・設計するのは大した技量を必要としないはずだ。重要なのは、それを単純化できる回路を持ち合わせる事だと思う。
 そして、それを自らの脳内に構築するためには、“考える事”を継続するより他には無いと思っている。


きむら
4en運営事務局
2007-10-19 19:28 | 記事へ | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/info/2/trackback/35/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。