担当者名:チェル事務局
事務局スタッフのMシマです。
団体の愛称は「チェル」です。
よろしくお願いします。
文責はMシマ個人にあります。
必ずしもチェルの公式見解ではないのでご了承ください。
理事・事務局向けのエンパワーメント研修を実施
研修中のチェル理事の皆さん(第1回)


2015年12月19日(土)と2016年1月23日(土)の2日間をかけて、「共感者を増やすための理事・事務局エンパワーメント研修」を行いました。
(九州NGO活動助成金「基盤強化助成事業」を活用)

チェルの活動は多くの方からのご寄付によって支えられています。
その支援者が寄付の効果を実感し、より多くの共感・賛同を得るためには、事業の成果目標を可視化し、その説明責任を果たす必要があると考え「事業の目標と成果指標の設定」に関する研修を実施しました。

今回は外部から、NPO法人ミディエイドさんを講師に招いて研修を実施。
ミディエイドさんは、北部九州各地でNPOやボランティア団体などの相談支援、そうした分野での人材育成・環境整備などに取り組まれている中間支援NPOです。

初回、12月はまず「目標と成果指標の設定」についての講義を受け、チェルが実際に取り組んでいる事業を題材にディスカッションを行いました。



NPO法人ミディエイド代表理事の今村さん

次回、1月は前回のふり返りとともに、ミッションを達成するための法人(=理事)としての責任について改めて頭に叩き込みつつ、各理事が今後のチェルを運営していくうえで担うべき役割、責任について意見を出し合い、方向性の道しるべとなるまとめを行いました。



真剣な表情で研修に取り組むチェル理事の皆さん



ミディエイド理事の宮田さん。最後のまとめのようす


外部の方に加わっていただくことで、客観的な意見を取り入れることができました。
今後の事業展開に研修で学んだことを生かしていきたいと考えています。
詳しくは3月発行の会報「チェルノブイリ通信」で報告する予定です。

ミディエイドさんをはじめ、研修実施にご協力をいただいた皆さま、本当にありがとうございました!


♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:♪

 いつも活動日記を読んでいただき、ありがとうございます。

 ★1 click for 4円(en)★
 -- クリック募金にもご協力ください --

 下の広告バナーをクリックすると、
 4円がチェルノブイリ医療支援ネットワークに寄付されます。

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:♪
2016-02-01 10:00 | 記事へ | ブログ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/chernobyl/1/trackback/271/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。