担当者名:チェル事務局
事務局スタッフのMシマです。
団体の愛称は「チェル」です。
よろしくお願いします。
文責はMシマ個人にあります。
必ずしもチェルの公式見解ではないのでご了承ください。
NGO合同説明会に行ってきました
ボランティア経験者からの体験談として発表を務めるH理事


7月5日(土)、九州大学・箱崎キャンパス(福岡市東区)にて、NGO福岡ネットワーク(FUNN)と九大との共催によるNGO合同説明会が開催されました。

国際協力に関心のある学生さんや社会人の方を対象に、福岡周辺で活動する国際協力NGOが活動紹介を行いました。

先月は早良区西新の西南学院大学にて同様の企画がありましたが、今回は説明会だけでなく、
*九大の学生さんによるワークショップ「世界がもし100人の村だったら」
*スタツア、ボランティア体験者からの報告、トークセッション
などのプログラムもありました。

ボランティア体験談では、チェルのH理事も登壇。
そういえば、2010年からのお付き合いになるのねぇ、長いねぇ…と、しみじみ思いました。



トークセッション



九大以外の学生さん、社会人の方も参加

トークセッションでは、
司会のFUNN事務局Hくんより、
「ボランティアを続けるコツは?」
「NGOの人に対して怖いイメージはなかった?」
「継続的じゃなくて、一度きりまたは数回だけのボランティア参加に罪悪感やプレッシャーを感じることは?」
などといった、なかなかリアルな内容もあって、参加された方も参考になったのではないかと思います。

説明会ではチェルブースに来る人はゼロだろうという予想もありましたが、
その期待がいい意味で裏切られ、学生さん1名とNGO関係者2名がご来訪。

ベラルーシ、チェルノブイリ事故の説明や活動紹介、今後のイベント案内などをしました。
こういう機会に、魅力のあるプレゼンができるようになりたいものです。

夏はスタツアや、国内でも色々なイベントがありますので、
ぜひ多くの方にはじめの一歩を踏み出していただきたいなと思います。



♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:♪

 いつも活動日記を読んでいただき、ありがとうございます。

 ★1 click for 4円(en)★
 -- クリック募金にもご協力ください --

 下の広告バナーをクリックすると、
 4円がチェルノブイリ医療支援ネットワークに寄付されます。

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:♪
2014-07-07 15:00 | 記事へ | ブログ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/chernobyl/1/trackback/253/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。