担当者名:チェル事務局
事務局スタッフのMシマです。
団体の愛称は「チェル」です。
よろしくお願いします。
文責はMシマ個人にあります。
必ずしもチェルの公式見解ではないのでご了承ください。
つながりひろば交流会に参加
中間支援組織をテーマにした講演
講師は、NPO法人NPO九州の今村さん


昨日の寒さとうって変わって、今日は良いお天気でした。

午前中、古賀市の市民活動団体やボランティア登録をされているサポーターの皆さんが集う交流会があり、参加してきました。

古賀市には、「古賀市市民活動支援センター(つながりひろば)」という官設官営の中間支援組織があり、現在97の団体さんが登録中です。チェルもそのひとつ。

今日の交流会では約50名の参加者があり、つながりひろばの活動、活用に関する説明、中間支援をテーマにした講演、グループごとの交流会を行いました。

交流会では、市民の方が活動に参加する窓口としての体験プログラムについて、各団体さんの事例、困っていることなどをテーマに話をしました。

古賀市の場合は、「学術、文化、芸術、スポーツ」「保健、医療、福祉」の分野で活動されている団体さんが多いとのこと。各団体さんで紹介のあった体験プログラムでは、まさに体験型の内容が色々あり楽しそうでした。

チェルの場合、活動のコアな部分が医療という専門分野であることもあり、活動を理解してもらえるような体験企画の実施がなかなかできていないのが現状です。

先日も某国際協力NGOのスタッフさんと「(例えば)ニュースレターの発送作業みたいな裏方の地味な作業って受益者(支援対象者)と直接結びつかないから、“この地味な作業が支援につながる”って実感してもらいづらいねぇ」という話が出ました。

古賀市に事務所を移して5年が経ちますが、まだまだ市民の皆さんに活動を周知できていないのが現状。今後は被災地への支援を届けるとともに、地域での情報発信にも積極的に取り組まねばね!と思います。


♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:♪

 いつも活動日記を読んでいただき、ありがとうございます。

 ★1 click for 4円(en)★
 -- クリック募金にもご協力ください --

 下の広告バナーをクリックすると、
 4円がチェルノブイリ医療支援ネットワークに寄付されます。

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:♪
2014-03-15 16:28 | 記事へ | ブログ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/chernobyl/1/trackback/251/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。